紀平梨花選手について

sponsored link

紀平梨花選手がフィギュアスケート全日本選手権で

初優勝されました。

おめでとうございます。

このようなタイプの選手は、親子間の相性が

良い場合が多いものですが、姓名判断で

推察すると、紀平梨花選手の天格と人格の

五行は、天格の火が人格の土を生む格好なので

親の援助があることを表しています。

紀平梨花選手は、生まれ時間によって太陽サインの

サビアン度数が蟹座28度か29度になります。

どちらも蟹座から去って、次のサインである

獅子座に行こうとするのは変わらないのですが、

正午で計算するとサビアン度数蟹座29度で、

この度数は二つの価値を計りながら、どちらかを

選択しするサビアンです。

紀平梨花選手の名前から考えるとこのような

性質を持つ蟹座29度が該当するかも知れません。

紀平梨花選手は、総画数も人格も吉数で

尚且つストレートに伸びていくのに、地格の

梨花の部分が、吉数ですが、不安定要因になります。

人格の16画も地格の21画も頑張り屋さんですが

五行的に相いれない部分があるのです。

地格は、紀平梨花選手の身体や感情そのものですが、

常にそのような生まれつきの部分をコントロール

することで、総画数35画の得意分野にも含まれる

フィギュアスケートに取り組んでいる名前です。

理性とも言える人格と自分の感情的な部分である

地格のどちらか大切と思える方を常に選択すると

言いたいところですが、人格は天格と相性

しているので、最終的に親との関係を選択すると

良い結果が出るようになります。

それは、そのまま太陽サインという理想に

繋がっていて、このような名前の相性の仕方は

姓名判断的にも若い時から結果が出易いですが、

占星術的にも太陽、水星、火星、木星が

コンビネーションしており、目標を大きく持ち

積極的に達成しようとするタイプですから

名前同様に良い結果に恵まれ易くなります。

sponsored link

地格は、恋愛も関わって来ますから、

恋愛が優先されると、紀平梨花選手の環境は

不安定になります。

そのような部分まで含めて、常にどちらを

選択するのか考えながら進んでいく太陽サインです。

紀平梨花選手の火星は獅子座でフィギュアスケート

向きです。

太陽サインは蟹座ですが、もう獅子座にいく準備は

出来ていて気持ちは獅子座という状態なのに

蟹座なのです。

これはサビアン度数蟹座、28度も29度も

共通で、蟹座だけれども、獅子座的な内面を全力で

表現しようとしているのです。

このように考えると紀平梨花選手が常に自分自身を

フィギュアスケートの選手としてどのように

気持ちを盛り上げていくのか、常に調整しながら

頑張ることが、大きな目標を叶える生命線に

なっていることが窺えます。

ですから、五行的に人格と相性の悪い地格は

即、悪いとは言い切れないと考えます。

もちろん、ベストではないかも知れませんが、

もし五行の相性が地格まで良ければ、今度は

違う要素でバランスの比較を始めるのが

太陽サインです。

そうすると紀平梨花選手は、フィギュアスケートを

選ばなかった可能性もあります。

姓名判断の地格は、占星術の月と意味合いが

重なる部分もありますが、紀平梨花選手の月は

金星とスクエアの可能性もあります。

そうなると無意識に華美な部分を何かに求めたく

なりますが、そう言った意味でフィギュアスケートは

子供の習い事の中では、最もきらびやかに映っても

不思議ではありません。

紀平梨花選手にとってかなり先の選択になりますが、

将来的には、結婚と仕事を比較して、どちらを

優先するかも悩みながら進路を決めていくはずです。

総画数の35画は、家庭に収まることに

抵抗のない性質ですが、地格の21画は

場合によっては家庭をコントロールするだけでは

満足出来ない人も多い傾向があります。

今後の実績にもよりますが、活躍する場が

結婚後もあれば、様々なことに

挑戦したくなるでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!