占星術 金星 その1

ライターはwankoです。

金星に付いて基本的なことを書いています。

sponsored link

10天体が表す役割について ③金星
月、水星の次、三番目は金星です。
三番目は一番目の調停的な再生を意味し、金星の年齢域
である十六歳から二十五歳の発達段階で月と似たような
働きがクローズアップされます。
外への強い関心や苦手でもあえて接近するという水星を
経過した後なので、月と比べて新しい体験に対し
感性として馴染んでいくところがあります。
月は新たな楽しみを決して開拓せず、いつまでも
覚えたことを繰り返す、眠りの中で働く自動装置です。
それに対し金星は次々に新しい楽しみを見つけ趣味を
バラエティー化します。
水星体験を踏まえた上での月の再来です。
金星期では情感が豊かになり、芸術に感動したり
恋愛に熱中したりします。
水星期とは異なるアプローチで世界を見ています。
楽器の演奏を例にとると、演奏の技巧は水星、
音楽の表現力の豊かさは金星が司ります。
もしも水星の能力だけで楽器を弾くと、正確だけど
ロボットが演奏してるように無味乾燥な音の
羅列になるでしょう。
金星の能力が加味されて初めて人の情感を揺さぶる
音となるのです。
さらに音楽を通して人の心の深いところに訴えかけるには、
金星や水星だけでは役不足です。
他天体の発達も加わらなければなりません。

sponsored link

金星が支配しているサインは牡牛座と天秤座です。
牡牛座が表すのは自分が所有したい物。
また天秤座は対人関係でのバランスを表しますから、
他人への関心や愛情、人との交流を楽しむという
性質があります。
水星は「分化」することで発達しますが、金星は
それとは反対に「同化」することで発達するのです。

個人の領域である牡牛座では自分の手の内にあるものに
同化し、集団の領域である天秤座では自分の外にある
対象に同化します。
個人のホロスコープで金星のアスペクトや金星の位置が
強い(牡牛座、天秤座、第2ハウス、第7ハウス)場合、
活発な思春期になりいろんな情感が通りすぎるでしょう。
たアスペクトに緊張状態が多ければそれは
苦しい感情体験を表します。
たとえ金星期の思春期を通りすぎても、多くの人が
その体験にかなりの執着を見せます。
なぜなら金星は、終生続く情操的な鋳型を形成し、
その鋳型に沿って感動する対象が決まってしまうからです。
金星と月はしばしば類似してると言われます。
それは共に「感じる」ことを主眼にした天体だからです。
月は地球、金星は太陽に従属し、月は過去、
太陽は未来を示します。
月は過去に馴染んだものに基づき快・不快を感じますが、
金星は新しいことに楽しみや期待感を感じます。
人生を発展させていく太陽の目的のために、金星は
回しをしていくと考えてください。
それが月の狭い快・不快の反応をもっと柔軟に広げます。
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!