占星術 金星 その2

ライターはwankoです。

金星に付いて基本的なことを書いています。

sponsored link

10天体が表す役割について ③金星 その2

月も金星も占星術では女性を表します。

女性のホロスコープでは、その人が演じるふたつの

女性的な行動傾向を表します。

そして男性のホロスコープにも女性原理が

内在するのです。

必ずしも女性にだけ重要なのではありません。

月が示す女性像は主婦や妻。

金星は未婚の女性です。

それだけでなく、金星は牡牛座や天秤座の

支配星(ルーラー)なので、自分の魅力を磨き、

自由な異性関係や対人関係、趣味娯楽を

求める姿としても読めます。

男女関係なく、個人生活を楽しめるかどうか

月と金星にかかっています。

また、月はご飯、金星はおかずに例えられますし、

月を普段着、金星をよそいきの服と対比させても

分かりやすいでしょう。

金星はいろんな場所に出掛けていき、月は戻ってくる

懐かしい家なのです。

ある人の月がグランドトラインで安定感があり、

金星が土星とスクエアしか持っていないとします。

この場合自分のテリトリーは豊かでのんびりしてる一方、

新しく関わる相手には冷淡、計算ずくな対応をします。

人に心を開かない生活姿勢と言えます。

過去との結び付きが強い月が安定したアスペクトを

持つのは、未来に対しての警戒心があり、

繰り返しが多い暮らしぶりでしょう。

またある人は月が天王星のオポジッションのアスペクト位

しかなく不安定、一方で金星は海王星や木星など

いろんな天体と多くのアスペクトを作っています。

いろんな人と関わるけれど切れ切れの不安定な繋がりで、

安定した関係がなく、心のよりどころである

安心の場を失っていると言えます。

sponsored link

もし月と金星がハードアスペクトだと、自分の「分」を

わきまえ守る月に対し、金星はいつでも贅沢で

豪華な楽しみを主張し、結果的に月が守る「分」が

破られます。

貯金もないのに給料の何倍もするブランド物の服などを

ためらわず買ってしまうような行為は、月のテリトリーに対し

金星がより強い主張をし、生活のバランスを逸脱してしまう

結果になります。

月は影響を吸収はしますが慣れ親しんだ生活を

変える力はありません。

どんなに人から見て風変わりでも、それに馴染んでしまうと

っと続けてしまいます。

金星はというと新しい楽しみを見出だし、月のパターンを

打開しようとします。

月は反復のなかで金星の趣味が刻印されると、新しい習慣

として定着していきます。

しかし金星の興味は常に変化するので、その都度月に

影響を与えるでしょう。

金星は海王星と強く関係していて、海王星の夢見る性質や

直感、忘我の状態での心の浮遊といったものを、

感覚的・個人的なところで実践します。

海王星は「自己喪失」を表していて、これがないことには

未知の可能性を無意識の中から引っ張って来ることが

出来ないのですが、金星はより地上的で、期待感や楽しみを

追いかけてしまい自分の持ち場を見失う事があります。

金星が海王星の力を受け取った時には、それまでにない

自由なビジョンを手に入れます。

その半面、枠から外れた行動をとってしまう場合もあります。

感覚的な妄想を受け取ってしまうかもしれません

金星の次の太陽期に推移したとき、この海王星の影響は

吸収しにくくなってきます。

実は優れた芸術作品を生み出すにはこの海王星と金星の

連動ビジョンを満たす必要があるのです。

芸術にとって金星期の感受性は特別なものかもしれません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!