浜崎あゆみさんの未婚出産の理由

sponsored link

占星術的解説を挟むので長文になり

次の要点まで説明が長いのでポイントになる

部分は赤色を使っています。

浜崎あゆみさんが未婚のまま男の子を

出産されました。

大きな視点で見ると冥王星天秤座の世代

として、常識捉われずに結婚、

パートナーシップの形に真剣に向き合う

タイプの人と言えます。

ただし、浜崎あゆみさんの冥王星は

インターセプトされた第6ハウスにあります。

第6ハウスは労働や奉仕、健康のハウスであって

パートナー選択に関するハウスは第7ハウスです。

ホロスコープは矛盾する要素を抱えながらも

ある種のイメージで何層にも統合されています。

この統合が破れると不調、不運という状態に

なります。

その一つの見方として浜崎あゆみさんは

太陽、月、水星が天秤座でコンジャンクションの

アスペクトを作っています。

これはステリウムでありかなり強力に作用します。

冥王星の天秤座もオーブを広く取ると太陽、月、

水星のステリウムとコンジャンクションになります。

ただし冥王星は少し離れているので、取りあえず

太陽、月、水星のコンジャンクションについて

考えると、太陽と月の時点で仕事とプライベートを

分けられないタイプの人と言えます。

どのような表現が適切なのか少し難しいのですが、

自分の気持ちやイメージの中では既にパートナーと

結びついているような状態です。

形に見えるものや証拠がなくても自分の中で愛が

完結しているような感覚を持っていると言っても

良いかも知れません。

ですから浜崎あゆみさん自身がその愛に対して

何かしら感じるものがあれば、その程度に応じて

本人的には何か感じた時点で納得出来ているのです。

このような自明性があるからこそ浜崎あゆみさんは

今までの実績を築くことが出来たのだと思います。

人によって持って生まれた自明性は異なりますが、

そのような部分が無ければ、1から10まで

「これで良いのか?どうすれば良いのか?」と

考え続けることになります。

これは拷問ですし、このような精神状態では

数日間で発狂してもおかしくありません。

冥王星天秤座世代の人は沢山いますが、

浜崎あゆみさんのように太陽と月がコンジャン

クションの人はパートナーシップに対して

制度の後ろ盾(役所が認めた結婚)がそれほど

必要ありません。

もちろん制度上の損得はあります。

それと個人の感覚や経済力とはまた別の話です。

裕福な人はプライベートジェット機で好きな

タイミングで移動出来ます。

パートナーシップと愛に関してそれが経済的にも

可能なのが浜崎あゆみさんです。

sponsored link

浜崎あゆみさんの太陽と月は水星も加わって

ステリウムですから仕事にも愛が向けられますし、

今までの恋愛遍歴を見ても仕事とプライベートの

区別がないと言うよりも、それらが一体化していて

切り分けることが出来ない状態だと思われます。

太陽、月、水星、冥王星が天秤座ということは

上記のような感じに加えて、他人の意思を

徹底的に生きることを意味しています。

特に太陽、月、水星は天秤座の初期度数の方であり

そのような傾向があります。

更にパートナー選択に関わる第7ハウスには

金星、火星、天王星があります。

少しオーブが広いですが、一般的なオーブでは

金星と天王星がコンジャンクションで、

天王星と火星がコンジャンクションといった状態です。

このようなコンビネーションは、恋愛に対して

激しい気持ちが高まり易くなります。

そして決定的なのは、この天体の組み合わせは

典型的な子供だけ欲しいキャラクターを作ります。

天王星(反抗)が恋愛(金星と火星のアスペクト)に

関わっていますから、そもそも常識に対して

重要性を感じていません。

天王星(独立)は恋愛関係(金星と火星のアスペクト)

から離れていきます。

そして自分の感性に従った生き方(金星と火星のアスペクト)

に独自性(天王星)を加えることに熱中します。

浜崎あゆみさんのお仕事は彼女のセンスが重要ですから

本来、趣味性の発揮である金星が仕事になります。

まさに浜崎あゆみさんは出産を終えたら次はツアー

という感じで、第7ハウスをパートナー選択だけではなく

自分の可能性を開く対社会の場に戻っていきます。

浜崎あゆみさんの未婚での出産は、自然なことと

言えば変ですが、気負った選択ではなく、

自分にとって自然と思えることをするだけの

力を持っているということだと考えます。

記事タイトルとは少し反れますが、上記のように

書くと浜崎あゆみさんが自由奔放なタイプの人に

思われるかも知れませんが、月に対して火星や

土星がセミセクスタイル(30度)のアスペクトを

作っています。

オーブを2度とってギリギリですから、特に

土星は外しても良いかも知れませんが、

月・火星・土星のコンビネーションは

父親を原因とする男性関係での葛藤を感じ易く

恋愛がいちいち特殊な問題になる傾向があります。

このコンビネーションは男性の場合でも

心から愛を信じることが出来ないといった傾向が

あります。

自分の心の狭さが原因なのですが、仕事や趣味に

その補償作用を求めます。

このような傾向は浜崎あゆみさんのような経済的に

独立した女性は同じでしょう。

なぜオーブが広目でも採用するかと言うと

上記の金星と火星と天王星のコンビネーションと

内容が符合するからです。

浜崎あゆみさんは第8ハウス(結婚生活)に射手座の

海王星とコンジャンクションのセレスがあります。

コンジャンクションですから、セレスも射手座です。

これは性的なイマジネーションを駆使して多くの人を

救うと言ったら言い過ぎかも知れませんが、

励ますこと出来ます。

浜崎あゆみさんは冥王星天秤座世代の象徴のような

人なのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!