カルロス・ゴーン氏が国外逃亡出来た理由

sponsored link

カルロス・ゴーン氏が国外逃亡しました。

24時間監視された状況の中でいったい

どういうことでしょう。

太陽、水星、金星、火星、木星は柔軟サイン

ですが、柔軟宮を生かし状況に合わせて行動した

結果の入国管理局を突破することが

出来たのか?

太陽は生まれ時間により魚座18度か19度。

サビアン19度か20度で、反対側の乙女座からの

影響により個人の潜在的可能性を引き出す

挑戦の結果入国管理局をくぐり抜けて

レバノンに辿り着けたのか?

土星サビアン蠍座10度の性質である不可能と

思われる壁も突破しようと努力が実を

結んだのか?

月星座の牡牛座は悪く出れば守銭奴に

なる場合もあります。

そのような性格の延長での途方もない蓄財と

太陽・木星・火星のTスクエアの組織のトップに

なるような野心の強さ、Tスクエアのあらゆる

角度から考察できる能力を生かして、厳しい

管理下にいながら国外に出られたのか?

これは単に日本の入国管理局が前近代的な

システムを運用しているからだけでは

済まない問題があります。

実際問題、漫画やドラマではありませんから

個人の知力や財力だけで密出国出来ないでしょう。

嘘か本当か、密出国する前にある権力者と

面談していたとか、していないとかという

噂もあります。

密出国の手引きがあったかも知れないということです。

このような要素はどのハウスにどのような天体が

どのようなアスペクトを作っているかが影響します。

追記

1月8日、現在、カルロス・ゴーン氏の記者会見が

行われ休憩時間に入りましたが、一つだけ

分かったことはやはり協力者がいたということです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!