サイン別、第4ハウスが恋愛・結婚に与える影響

sponsored link

「恋愛の深い悩みは第4ハウスでチェック」でも

書きましたが、第4ハウスは真面目な恋愛

であるほど大きく関わってきます。

第4ハウスに天体が一つでもある場合は

そのハウスのテーマに対して葛藤や何かしらの

期待や理想があることを示していて、取り組みが

上手くいけば新たな理想を手に入れますし、

こじれると意識し過ぎて足を引っ張る要因に

なったりします。

第4ハウスは蟹座のホームであり、蟹座の

支配星は月ですから、自分が育った環境で

身に付けた癖に対して無自覚になり易く

(これが当たり前と思い込んでいる)

その思い込みが恋愛や結婚に影響を与えます。

第4ハウスが牡羊座の場合

割と豪快と言うか荒っぽい自由な家庭に育ちます。

こう書くと家庭環境が悪いように思えるかも

知れませんが、このような環境で育った人に

とっては、このような環境がリラックスを感じます。

第4ハウスは本来蟹座のハウスです。

そのような場所がスクエアな関係の牡羊座の性質を

帯びることで、居心地の悪い気分(落ち着き難い)や

かっとし易い性質を持ち易くなります。

自分では怒っていないつもりであっても

相手にプレッシャーをかけているかも知れません。

上手くいかない場合はこの辺りを振り返ってみると

良いかも知れません。

女性であれば金星牡羊座の男性に選ばれる

場合もあります。

第4ハウスが牡牛座の場合

比較的豊かな家庭、若しくは落ち着いた雰囲気の

家庭に育ちます。

牡牛座的家庭環境はは欲しい物に恵まれたのか、

そうでないのかでまったく違う感覚が育ちます。

また何を多く与えられ、何を制限されたのか

といったことが育ち方に強く影響します。

デートでの何気ない行動(会計場面等)で

リッチな印象を与えるのか、ケチ、倹約家と

いったような印象を与えるのか、けっこう

重要かも知れません。

第4ハウスが双子座の場合

双子座の変化の多い性質が育った環境に

反映されるので、本来同じような性質を

持とうとする第4ハウスの場の影響が

働き難くくなります。

その結果、家庭的な温もりみたいなものに

無頓着になり易い気質が育ち易くなります。

恋人時代であれば、あまり気にならないと

思いますが、結婚したりすると「ん?」と

感じるパートナーもいるでしょう。

ライフスタイルのあったパートナーと

暮らすと上手くいきます。

第4ハウスが蟹座の場合

第4ハウスにとって蟹座はホームです。

家族との一体感を重視するので、家族を大切に

しない人とは付き合えないでしょう。

第4ハウスが獅子座の場合

自分をアピールする癖がついているタイプの人です。

自己肯定感がどのように満たされているかで

恋愛に対する余裕が違ってきますから

恋愛が上手くいかない場合は、その辺りを

見直すと良い気付きが得られます。

第4ハウスが乙女座の場合

何かと教育にこだわる親に育てられます。

両親ともそのようなキャラクターという

わけではなく、片親がそのようなタイプの人

ということも多々あります。

かなり具体的な内容に従う親なので

親がどのような教育を第4ハウス乙女座の人に

与えたかで身に付けたルールが異なります。

このルールに対してきっちりと振る舞うことが

身についています。

このルールがその恋愛に味方するか、

邪魔になるのかがポイントです。

綺麗好きな環境を好むかどうかは、

第4ハウス乙女座に入る天体やその

アスペクトの影響が大きいです。

第4ハウス乙女座の人が家庭に招いてくれたら

脈ありサインの確率が高いかも知れません。

sponsored link

第4ハウスが天秤座の場合

割と大人扱いされた環境で育ちます。

このスタンスが個性を育てるのか、寂しい思いを

するのかは月星座の影響が大きいです。

上手く個性が育つ場合でも自由が過ぎる場合も

ありますから、一度自分のスタンスを自覚すると

無理なく合うタイプの人が分かります。

第4ハウスが蠍座の場合

親子関係が良かったとしても、親とどこかで一線を

引きたくなるような気持ちを抱えていたりします。

何らかの理由、どこかの部分で束縛感が強い

家庭に育ったかも知れませんし、親自体が

そのようなタイプの人であることもあります。

第4ハウス蠍座タイプの人でがそのような気持ちが

まったく無ければ、結婚後も親や兄弟姉妹との

境界線がないような関係にパートナーが驚く

場合があります。

実際にそのようなことで婚約解消に

至るケースもあります。

第4ハウスが射手座の場合

簡単に言えば伸び伸びした家庭環境で育ちます。

どの程度、どんな風に伸び伸びするかは、

第4ハウスにある天体やそのアスペクトによって

変わります。

窮屈な相手やしつこい相手とは合いません。

第4ハウスが山羊座の場合

抑圧的な家庭で育ちます。

子供らしくない育ち方を強要されている部分が

あるので、その心の鎧が恋愛の邪魔をします。

素直な自分が見せられないというよりも

自分の弱い部分を偽ることで好きな人に

応えられなかったり、好きでなくても

甘えられる相手と付き合ってしまったりする

場合があるので要注意な第4ハウスです。

第4ハウスが水瓶座の場合

ベタベタしない環境で育った距離感が

第4ハウス水瓶座の人にどのような影響を

与えているかで本人自身が当然と感じる感覚に

大きな違いが生まれます。

この感覚が恋愛に大きく影響します。

良く表れればフレンドリーな家庭環境ですが、

子供は子供な面もありますから、適度な

気持ちのフォローの度合いがあり、それが

あまりに不足すると恋愛感情自体が

育ち難くなります。

月星座が水のサイン(星座)だと親を恨んでいる

場合もあります。

その感情が恋愛運を下げる場合があります。

月星座が風サイン(星座)だとウエットな

タイプの人とは上手くいかないでしょう。

月星座が地のサイン(星座)の場合は

案外、家庭環境に適応し葛藤が少ないかも

知れませんが、恋愛感情そのものが

育ち難くなります。

月星座が火のサイン(星座)の場合は、自由さと

本人自身の情熱でほどほどにバランスが

取れます。

第4ハウスが魚座の場合

第4ハウスが魚座の人の生育環境は本当に

バラバラです。

様々な要因で混乱した状況もあります。

もっとも一般的な形は住んでいる地域に

合わせた影響を受ける点です。

裕福なエリアに住居があると、そのような

感じになりますし、そうでなければ

それなりにと言った感じです。

ですから自分の育った環境に合った相手と

縁が出来易い傾向があります。

合わせ易いという感覚でしょう。

第4ハウスが魚座だからスピリチュアルな

家庭に育つと言ったようなケースは

割合的に突出したものではありません。

例えば実家が宗教法人であっても様々な

第4ハウスがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!