剛力彩芽さんが振られた理由

sponsored link

剛力彩芽さんと別れた後にすぐにお見合い企画に

乗り出していく前澤勇作さんは、剛力彩芽さんの

何がそんなに嫌だったのか考えてみました。

剛力彩芽さんは月星座が獅子座ですから

プライドを傷つけられて怒り心頭でしょう。

普通に考えたら可愛い女優さんと交際出来て

嬉しかったと思うのですが、これだけ切り替えが

早いということは、どう差し引いて考えても

何かしら嫌だった部分があったと思われます。

交際するだけなら良いけれども結婚は嫌だと

思わせるような相性があったと考える方が

普通です。

もしかしたら普通ではない可能性もあります。

剛力彩芽さんは太陽が乙女座で土星が水瓶座

ですから価値観のストライクゾーンはかなり

狭くなります。

この狭さが月旅行婚を強く主張する前澤勇作

さんの何かに合わなかった可能性もある

かも知れません。

しかし不器用で切り替えが利きにくい反面、

かなり真面目にコツコツと自分を作って

いきますからお互い譲歩の余地はあったかも

知れません。

冒頭で剛力彩芽さんの月星座が獅子座なので

激しく怒っているかもと書きましたが、

前澤勇作さんは太陽蠍座で土星は獅子座ですから

最終的には獅子座的価値観に着地します。

しかも前澤勇作さんはタイトな金星天秤座と

木星牡羊座のオポジションがありますから

美しく派手な女性が好みです。

剛力彩芽さんに限らず前澤勇作さんが交際

してきた女性は美しく華やかな一面を持った

女性が目立ちます。

そのような意味で考えると剛力彩芽さんも

十分好みに沿うような女性だったはずです。

前澤勇作さんのネイタルのホロスコープを

考えると妻に求めるタイプと恋人に求める

タイプの女性がかなり異なることが想像されます。

そのことに関する記事はこちらです。

上の記事で書きましたが、前澤勇作さんの

月星座蟹座を始め太陽のハウスを考えると

蟹座タイプの人です。

剛力彩芽さんは太陽星座乙女座ですから

恋人として社会的な立ち振る舞いは

蟹座タイプの人である前澤勇作さん的には

OKですが、剛力彩芽さんのプライベートの

顔である月獅子座は相性は悪いです。

剛力彩芽さんのホロスコープは推理したことは

ありませんが、生まれ時間によっては月星座同士が

タイトにスクエアな相性の可能性があります。

このような相性はお互い違和感が大きくなります。

それでも月同士のアスペクトがあった場合

前澤勇作さんの月は自分の金星とアスペクトが

ありますから、剛力彩芽さんを好みの女性(金星)から

愛情を感じる存在になったはずです。

sponsored link

では何故、剛力彩芽さんにとって酷いタイミングで

婚活企画をするのかと考えた時に、前澤勇作さんの

太陽星座の蠍座約29、6度にあるかも知れません。

前澤勇作さんのホロスコープは前回の記事の

推定に基づいたものを参考にしていますが

12時生まれ計算をしても前澤勇作さんの

太陽星座のサビアン度数は蠍座30度です。

サビアン名は「ハロウィンのわるふざけ」です。

この度数はそれまで大切にしていたものから

離れるために、すっかり駄目にするような

ことをします。

奇妙に思われるかも知れませんが、このサビアン度数

蠍座30度はこのような意味が主たる内容です。

蠍座は12星座で一番深く対象と結び付きますから、

蠍座30度から次の天秤座に移るために、

手酷い方法を選択するしかないのです。

前澤勇作さんは社会的な顔が優先されますから

多くの人にお見合い企画を周知する方法をとって

本当に剛力彩芽さんとは別れたんだということを

世間的にも浸透させるような方法を選択することに

なるのだと思います。

このような太陽星座は既存の影響から抜け出す

方法を考えて実際に実行することが使命です。

人は太陽星座の内容に従うことで豊かになります。

太陽星座の理想は風船みたいなものであって

その中身で特に目立つものは金星や火星です。

前澤勇作さんの金星は金星と冥王星は

コンジャンクションで火星は太陽とインコン

ジャクトです。

金星と冥王星のコンジャンクションは

恋愛に限って言えばかなり衝動性を伴います。

しかも推定では第2ハウスの冥王星です。

恐らく剛力彩芽さんと別れた理由は会社から

退いたことと関係があるでしょう。

前澤勇作さんの金星と冥王星のコンジャンクションは

月を頂点とする木星とのTスクエアの一部です。

このTスクエアは前澤勇作さんの仕事の成功の

原動力と言えるアスペクトです。

第2ハウスが関わる現実の状況が変化したことで

女性に求める内容が変わったということが

本音ではないでしょうか。

強制的に働く冥王星は恐らく前澤勇作さんに

選択の余地を許さない形で新しい恋人を

求めさせているのだと思います。

このような解釈は金星と冥王星のコンジャン

クションが、第2ハウスにあるという前提です。

そして太陽の理想の中に詰まっているもう一つの

火星は太陽とインコンジャクトです。

太陽の理想に異質な火星が積極的に関わって

協調しようとすると、ほとんどの場合は

過剰に火星が働きます。

普通、インコンジャクトは葛藤を感じることが

多いアスペクトですが太陽と火星の組み合わせは、

太陽の活力を上げますから前澤勇作さんの場合は

伴侶選びと月旅行が強く繋がっていて尚且つ

こだわってしまうのでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!