月星座 牡牛座と恋愛依存症

sponsored link

月星座 牡牛座の場合

月星座が牡牛座の人はとても落ち着いていて

周囲を気にせずに自分の幸せに集中出来るので

恋愛依存症になり難い体質です。

恋愛依存症になる典型的なタイプの人は

自分をメンテナンスする時間を持てませんが

月星座が牡牛座の人のキャラクターの本質は

ひたすら自分自身をメンテナンスすることに

あります。

しかも自分自身のサイズにあった幸せを

求めていて背伸びするようなことを好まず

のんびりとした暮らしを大切にします。

月星座が牡牛座の人の好むライフスタイルは

誰もが見習いたいくらい安定した情緒を

養います。

このような月星座が牡牛座の人が恋愛依存症に

なる場合はこのような性質が仇になった場合です。

自分の世界に安住することは人見知りに

なり易く誰にでも心を開きません。

深い関係は好みますが自分の居心地の良い世界に

他人を招き入れることにとても慎重ですから

簡単には恋人やパートナーを作ったりしません。

その分、いったんそのような存在が出来ると

深い信頼関係で結ばれます。

このような純粋さと子供時代に愛されなかった

場合の寂しさが結びつくと恋愛依存症になります。

居心地の良い自分の世界のメンテナンスと

恋人やパートナーが切り離せない状態になるのです。

こうなると徹底的に振り回されます。

sponsored link

正しい月星座が牡牛座の人の安住する世界は

恋人やパートナーと関係なく作られる自分の

居心地の良さを追及した世界です。

そして気に入った相手だけしか入ることを

許しません。

そう言った意味では国の主です。

恋愛依存症と言うと沢山の人と交際するイメージを

持たれるかも知れませんが、人数の問題ではなく

特定の誰かに自分の時間やエネルギー、可能性を

全て使ってしまうことも恋愛依存症です。

多くの人と交際しても本当に恋愛関係自体が

好きな人もいます。

全人格的に成長するには睡眠時間、食事、

入浴を始めとする適切な生存に最低限必要な

ものや基本的な人間関係の維持があります。

人によっては仕方なく仕事をしている場合も

あるかも知れません。

そうなると余った時間で自分らしく生きなくては

ならないのに、その時間の全てを恋人やパートナーに

使ってしまうのも恋愛依存症です。

占星術的な発想で言えば、月星座が牡牛座の人の

場合は、母親の月星座がが獅子座、射手座のような

場合やアスペクトも絡めた上での他の火や風の

サイン(星座)の月星座の母親を始め、何らかの理由で

母親からの愛が上手く心に届かずに寂しい思いをして

育った場合に恋愛依存症になる傾向があります。

どのような月星座や月のアスペクト、ハウスでも

母親の愛が届かない環境で育てば恋愛依存症の下地に

なってしまいますが、月星座が牡牛座の人の安定した

資質を考慮すると特に母親との関係で満たされなかった

部分を満たしてくれる性質と自分の快適な心理的環境に

招き入れても良いと思える相手は奇跡に近い存在に

思えますから余計に失うことが怖くなるのです。

素晴らしい安定感を持つだけにこじれると本当に

大変です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!