東出昌大さんと唐田えりかさんとの関係

sponsored link

唐田えりかさんが正式に謝罪コメントを

出したので東出昌大さんとの相性について

考えてみました。

唐田えりかさんの月星座は生まれ時間に

よっては牡羊座か牡牛座になります。

東出昌大さんの月星座は蟹座で、金星星座は

魚座です。

杏さんと東出昌大さんの離婚の可能性について

書きましたが、東出昌大さんから見たら杏さんは

恋人としても結婚パートナーとしても素直に

惹かれる相手には思えません。

杏さんの太陽や月のサイン(星座)の意味を無視して

ハウスの意味で考えても東出昌大さんにとって

素直に惹かれる感じが窺い難いのです。

ただ杏さんも東出昌大さんも正確な生まれ時間が

分かりませんからもしかしたら意外な相性の

置き替えがある可能性はあります。

このような点を頭に置いた上で杏さんの太陽星座が

牡羊座であることと不倫相手の唐田えりかさんの

月星座が牡羊座である可能性が半分くらいあることを

考えると月星座が蟹座(甘えん坊な面)である

東出昌大さんに何かしら不思議な精神的ニーズが

あることになるのですが、杏さんに何度も浮気の証拠を

押さえられても3年間も唐田えりかさんとの関係が

継続していたらしいので本気でしょうし、頭では

別れないといけないと思っていても別れられない

居心地の良い関係である可能性が高いと思われます。

その辺りを素直に考えると唐田えりかさんの月星座は

牡牛座である可能性が高いでしょう。

だとすると東出昌大さんと唐田えりかさんの相性は

かなり自然なものです。

東出昌大さんは杏さんと別れたら多くのものを

失うでしょうし、もしかしたら人生の方向性を

大きく転換しないといけなくなるかも知れませんが、

太陽と冥王星がスクエアである東出昌大さんは

そのようなことが何らかの形でどこかの時点で

起こるタイプの人です。

sponsored link

俳優として売れなくなった東出昌大さんに

唐田えりかさんがついてきてくれるか考えるのは

気が早いかも知れませんが唐田えりかさんの

太陽サビアン度数は27度辺りです。

だとすると社会的な役割にこだわらずに人間的な

部分をメインに考えるでしょうし、金星や火星が

蠍座ですから東出昌大さんが別れようとしても

そう簡単には引かないでしょう。

しかし太陽も水星も水瓶座である東出昌大さんにとって

金星も火星も蠍座の唐田えりかさんとの関係は

スリルがあったり甘えが満たされたり、何らかの形で

二人の間に疾走感があれば良いのですが、それが

失われればまず耐えられないでしょう。

だとすれば唐田えりかさんの月星座が牡羊座であった

方がまだ良いのですが、そうなると東出昌大さんに

とって唐田えりかさんとの関係は不倫だけのつもり

だったと思われます。

しかし唐田えりかさんは本気なのでしょう。

東出昌大さんは自分の価値基準で杏さんと唐田

えりかさんを使い分けているような気がします。

このようなキャラクターは目的が素晴らしいもので

あれば良いのですが、女性関係にこのような資質を

生かしても褒められないでしょう。

自分の中に矛盾が大きいと人は牡羊座的要素を

自然に作り出します。

それは元気に頑張るけれども寂しいという牡羊座

そのものの性質を生み出します。

だから杏さんの太陽星座が牡羊座で唐田えりかさんの

月星座が牡羊座かも知れないとしたら、自分自身で

自分一人での仮想牡羊座として頑張れなかった

東出昌大さんは女性に走ってもらおうとしたことに

なります。

走ってもらおうという表現は書き手である私の感覚が

強く反映した言葉です。

頑張ってもらおうというニュアンスなのですが、

実際に杏さんや唐田えりかさんに行動を通して

頑張ってもらうという意味ではなく、杏さんであれば

女優としてのネームバリューであり(これもある種の甘え)、

唐田えりかさんであればその関係性の中で甘えられる

ということです。

これは明らかに東出昌大さんの闇であり、相性の置き替え

としてはかなり本来の性質と距離感のあるものです。

占う側からしたら唐田えりかさんの月星座の可能性が

牡羊座か牡牛座かはっきりしているとすっきりするのですが

唐田えりかさんの月星座が牡羊座であれば、東出昌大さんの

心の闇はかなり深いです。

東出昌大さんは太陽星座水瓶座で月星座が蟹座ですから

自分にとって必要な要素や仲間を集めようとすることは

自然なことですが、愛情を使い分けたらいけません。

余談ですが、もし唐田えりかさんの月星座が牡羊座

であれば、東出昌大さんは俳優として活動するチャンスは

あると思います。

自分自身が牡羊座らしい疾走感を取り戻すと言うか

初心に帰れば良いのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!