内面の母殺しと真の幸福の関係

sponsored link

「本当の自分の力に触れて生きていて楽しいと

感じる方法」というタイトルですが、

裏テーマは「内界の母殺し」です。

自分に不利益を与える例と併せて考えると

伝わり易いかと思い、東出昌大さんを例に

考えてみました。

東出昌大さんも唐田えりかさんも芸能活動に

おいて多くのものを失うでしょう。

そのようなことを理解していても別れることは

出来なかったのだと思いますが、自分に不利益を

与えることは不倫のような特別なことだけではなく

自分の可能性に対してリミッターをかけることも

同じと言えます。

心からの幸せである「生きていて良かった」

「生きていて楽しい」と感じるような感情を

得る機会を逃すという意味では不倫よりも

損失は大きいとも言えます。

精神的なリミッターを解除して沢山の幸運を

手に入れるには、一言で言えば良い意味で母親の

影響から離れている必要があります。

ショッキングな言い方をすれば「母殺し」です。

このような儀式が内面できちんと出来ていると

何のメリットがあるのかと言うと、自分の意思で

自分の力を利用出来るようになります。

「えっ、それだけ」と思われるかも知れませんが、

ここで言う自分の力は、調子が良い時に何かの

偶然で発揮されるような力のレベルです。

このような力に自分の意思でアクセス出来たら

楽しいものです。

もちろん、これはその人なりにかなりレベルの高い

ものですから、魔法にようにいつでもどこでも

寝転びながら出来るようなことではありません。

きちんと準備をして意識を整えて段取りを踏んで

今回はこれくらい自分の力に触れることが出来たとか、

前回よりも更に引き出せたとか、そのような

感じ方をするものです。

しかし自分で自分の力にアクセスする方法を

知っていると少なくとも自分の損をさせるような

選択はしないものです。

sponsored link

それどころか、楽しさが増しますから、どのような

工夫をしたら本当の自分を感じられるような何かに

触れられるのか、考えたり工夫するようになります。

このような試行錯誤を重ねることで

「生きていて楽しい」という気持ちがどんどん

蓄積していきます。

それに応じて現実も楽しいものになります。

このような感じ方は良い意味で母親から独立した

精神状態でないとつかめないものです。

気持ち(情緒的な安全)を守ってくれるはずの

内面化された母親にいつまでも頼っていると

安全を得るためのルールが自分の力を

発揮させない壁になるのです。

自分の中に住む母親を意識することは難しいものです。

しかし自分に損させる人ほど意識してみる価値は

あります。

自分に損をさせる人は、自分をついていないと

思っていたり、他人から舐められます。

内面化した母親が条件付けた保護する枠組みから

飛び出してこないことが悪い人たちには

見えるのです。

「甘い」と認識されているのです。

あくまでもホロスコープを通して得た認識ですが、

東出昌大さんは結婚した後に唐田えりかさんの方が

自分に合っていると感じたのかも知れません。

だとしたら早い時点で杏さんと別れるか、

唐田えりかさんと別れるかしないと、どんどん

本当の自分から遠ざかっていきます。

もし演じることで本当の自分に触れていたのであれば

そのような機会すらなくなってしまうかも知れません。

愛と月星座の関係に月星座の性質は必要なものであって、

すでに手に入れているものではないと書きましたが、

このような意味での母殺しは、ネイタルのホロスコープ

で示されている月星座と180度の星座の性質を

引き入れた上で自分の中で循環させることです。

このようなプロセスで一度、自分の内界に住みながら

安全基準を与えてくれる母親は死にますが、

しばらくすると良い母親(一人の人間)として復活します。

結果的に精神的なリミッターは解除されます。

東出昌大さんの月星座は蟹座です。

蟹座の180度反対の星座は山羊座です。

山羊座は社会的な地位の獲得を重視する星座です。

そのような姿勢が月星座蟹座の欠落(内面の母親が

提供する安全ルール)を乗り越えていく姿勢です。

守ってくれる母親の代わりに社会的な地位で

自分を保護するのです。

そう言った意味では杏さんを選んだ東出昌大さんは

自分に利益を与えていました。

ところが結婚して間もなく唐田えりかさんと

不倫を始めたということは、内界の母親を求めて

動き出したとしか思えません。

悪い内界の母親は子供に不都合な状態が生じても

子供が喜ぶものを与え続けます。

月星座蟹座としては辛くても俳優活動に打ち込む

ことで杏さんの太陽星座や月星座とバランスを

取るべきでした。

それが無理であれば身の丈にあった生き方を

すれば楽しく生きられます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!