金星 牡牛座と杏さん

sponsored link

記事タイトルを「金星 牡牛座と杏さん」と

していますが、一般的な金星星座が牡牛座の

場合と半々くらいで書いています。

別居しながら愛情関係を見直すということは

金星レベルである男女の愛情ベースから

見直すという部分もあるでしょう。

杏さんの場合で考えるとお子さんも

いらっしゃるのでその他の様々な判断が

伴うでしょうが、まずは金星星座の牡牛座

だけで書いていきます。

金星星座が牡牛座の場合

金星が牡牛座の場合は相手を受け入れるまでの

プロセスをとても丁寧に行うので、愛した人に

対する気持ちは簡単に揺るぎません。

牡牛座というサイン(星座)も金星という天体も

受身な性質を持っていますが、固定サイン(星座)

でもあるので一度受け入れてしまうと余程の事が

なければ変わらない愛を貫こうとします。

そして地のサイン(星座)ですから、愛について

抽象的な状態よりも様々な意味で形にして

表現されることを好みます。

恋人であれば、金星牡牛座の審美眼に叶うような

プレゼントがそうでしょう。

愛に対して慎重であるということは、それを

手に入れたら大切にしますし、その愛が

落ち着いた穏やかなものであることを望みます。

手に入れた愛に対する独占欲はかなり強い方です。

特に女性にとって金星は、愛され方の好みですから

自分だけをひたむきに愛してくれることを望みます。

そう言った意味では風サイン(星座)の金星や

火のサイン(星座)を持つ女性からは考えられない

かも知れませんが、ある程度束縛された方が

愛されているように感じる傾向があります。

sponsored link

金星星座が牡牛座の場合は、結ばれるにしろ

一度交際して別れるにしろ性急に答えを

出すことは出来ません。

他人から見たら答えが出ているようなことでも

様々な面を見直しながら自分が納得する

愛の答えを探していきます。

そしてそのようにして見つけた愛の答えは

かなり独特なものが多くほぼ100パーセント

変更されることがないものです。

杏さんの金星 牡牛座について

太陽星座が牡羊座なので自分なりに

試行錯誤する過程で見つけた恋愛(金星牡牛座)

ということになります。

友人であれば男性であれ、女性であれ気さくに

振る舞うタイプの人(太陽と天王星のトライン)

ですが、金星は愛に受身で慎重な牡牛座です。

友人から恋人に変わっていく間に慎重に

自分に相応しい相手かを判断します。

今回のようなことになるとでは何故?と

思われるかも知れませんが、杏さんの

金星はサビアン度数牡牛座の14度の可能性が

高く(第4ハウスのリリスでホロスコープを作成)

その意味は、人生の中で何度か限界を知る体験

(この場合は金星ですから愛や趣味)をしながら

愛に対する自然な感覚が育っていきます。

杏さんの生い立ちを考えると愛に対する過剰な

思い入れが育ち易いことは十分に想像が出来ます。

結婚して間もなくなのかすぐなのか知りませんが、

一番育児の大変な時期に未成年者と不倫を3年も

継続するような相手を選んでしまったのは

何か見落としがあったのかも知れませんし、

相手が上手だったのかも知れません。

どちらにしても修正が必要な状況でしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!