鈴木杏樹さんの「お相手から独り身になる話」の本気度

sponsored link

一般的な占星術の相性判断記事ですが、

貴城ケイさんファンの方は読まれない方が

良いかも知れません。

恋人やパートナーとの相性を考える時は

お互いの月と相手のアセンダント、MCを始め

月、太陽、水星、金星、火星、木星、土星を

見た後にトランスサタニアンのアスペクトや

それ以外の感受点も考えていきます。

記事内ではほとんど取り上げませんが、

同じアスペクトを持っていると意気投合する

こともありますが、これは親友とかでも

あり得る相性です。

それぞれの天体や感受点の相性が良くても

それぞれのポイントがそれぞれのホロスコープで

異なるアスペクトを持っているとかえって

相性が悪くなる場合もあります。

例えば、鈴木杏樹さんは、喜多村緑郎さんと

互いの金星がタイトにオポジション

ですから、深い関係になっても理解出来ます。

この相性は結婚しても出会った頃の感じが

続き易い相性ですが、これに加えてお互い

ネイタルのホロスコープで金星は火星とトラインの

アスペクトです。

このような場合は多少オーブが広がっても

お互いが感化し合ってかなり相性が良くなります。

ここだけで言えば結婚しないのはもったいない

くらいで、交際段階であれば特にめくるめく陶酔を

感じるでしょうから「妻と別れる」と言っても

その時はかなり本気で言えるでしょう。

もちろん、「妻と別れる」とか「妻と上手くいっていない」

という言葉は浮気する男の常套文句ですが、

相性だけを見ているあながち嘘とも思えない

ものがあります。

sponsored link

しかも貴城ケイさんには申し訳ないのですが、

喜多村緑郎さんの金星と貴城ケイさんの太陽はスクエアです。

貴城ケイさんが喜多村緑郎さんに惹かれることが

想像出来ますが、どこかしら屈折した感情が入ります。

直接占えないので決めつけることは出来ませんが、

このような相性のアスペクトで結婚に至る場合は

母親問題に関わるような感情をパートナーとの間で

再現している可能性が高い傾向があります。

そして更に決定的なのが喜多村緑郎さんのネイタルの

ホロスコープの金星は火星とスクエアです。

かなりタイトなスクエアです。

前述した通り、同じ感受点に対するアスペクトの

相違は日々の暮らしにかなり響きます。

特に金星ですから喜多村緑郎さんは大らかに

楽しみたいのに、貴城ケイさんはストイックな

考え方をするようなものです。

現実はこんな大雑把なものではなく、サイン(星座)の

組み合わせで様々な内容が考えられます。

更にお互いの天体や感受点が相性のアスペクトを

持っているという前提でネイタルのホロスコープを

比較すると以下のようになります。

鈴木杏樹さん。

金星と火星のトライン。

喜多村緑郎さん。

金星と火星のトライン。

貴城ケイさん。

金星と火星のスクエア。

同じアスペクトを持っていると金星に対して

同じような考え方をします。

このような前提があって尚且つ鈴木杏樹さんと

喜多村緑郎さんの金星はオポジションの相性

ですから、道徳的な面はどうであれ相性から

考えると本当に惹かれたのでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!