運命を変える力が宿るタイミングを占う方法

sponsored link

恋愛リスクを避けるという記事にトランジットの

影響から生まれる相性の勘違いみたいなことを

書きましたが、人が何かを思う気持ちは運命を

変える力があるのも事実です。

誰でも強い感情を抱く時があります。

その気持ちが強ければ一過性で終わらずに

少しずつ育ち続けます。

前向きなものならば夢です。

後ろ向きならば怨念になります。

後ろ向きなことは書いても仕方がないので

夢を叶えるということについて書きます。

何かを思いつく力は水星です。

水星単体では単なる閃きですが、そこに強烈な

感情が加わることで運命を変えるような力が

育つ場合があります。

そこまで大きなものでなくても、人生のどこかで

生まれた興味関心が将来の仕事や生涯支えに

なるような趣味、運命の相手に出会うきっかけを

作り出します。

占星術と言うとどこかしら運命論みたいに

思われがちですが、タイミング×情熱で運命を

変える視点も知る事が出来ます。

情熱はその人の器です。

見せかけのものではなくその人が潜在的に持つ

エネルギー量です。

そのエネルギーがどこに向かうかで現象化する人

しない人という差はありますが、エネルギーを

込めれば必ず手応えは生まれます。

現象化しないのに願いが叶うと言うと変な言い方に

なりますが、見えない価値に従事している人は

案外多いものです。

回り回って最終的に豊かさに繋がりますから

あまり細かく考える必要はありません。

今回はここに焦点は当てません。

簡単に言えば第1ハウスから第12ハウスまで

物事が実現する時に様々な象意がある

ということです。

運命を変える力が宿るタイミングを占う方法は

ソーラーアーク占星術(ダイレクション)です。

sponsored link

これは自分の内面の変化を占う方法です。

トランジットの影響だけを考えると人が

星の操り人形みたいな感じになってしまいますが、

外側からの変化と内面の変化、そして生まれ持った

キャラクターが化学反応を起こして実際の運命は

出来上がっていきます。

自分自身がどのようなポイントに注目して持てる

エネルギーを注ぐかは自由です。

ネイタルのホロスコープを1年に1度ずつ動かすと

説明されることが多いですが、実際は1度弱ですし、

より正しい内容を求める場合は占星術ソフトを

使用することをお勧めします。

人の思いはある程度継続します。

その後は自分の意思です。

忘れても良し、育てても良しです。

占い方はそれほど複雑ではありますが、一つ一つを

すべてチェックするのは大変なので、無料ソフトを

使うか丁寧な説明が欲しい場合はプロの方に

お願いするのもありです。

能動的に運命を切り拓いていくという視点で

占星術を利用する場合はとても有効なので、

ソーラーアーク占星術のアスペクト解説も

少しずつ記事にしていこうと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!