第2ハウスに天体がある人

sponsored link

自分の価値にあった能力の育て方(第2ハウス)

という記事を書きましたが、第2ハウスの

環境は本当に人それぞれです。

すべては書き切れませんが、例えば第2ハウスに

金星があるタイプの人は金運があると聞いたことが

ある人もいると思います。

しかし、実際はどうでしょう?

お金持ちでしょうか?

実際に鑑定するとお金持ちどころか、資金繰りに

困っている人もけっこういらっしゃいます。

第2ハウスは上記リンク記事で自分の価値について

取り組むハウスだと書きました。

そこに金星があるということは、金運があるのではなく

とてもお金が欲しい人ということになります。

これが第2ハウス金星の価値観です。

もちろん、金星の象意はお金だけではありません。

芸術に関する価値にも理想を持ちます。

国立の芸術系学部に進学される方にも見られる

金星の配置です。

金星の素直な在り方として個人的な楽しみ

(趣味や遊び)や恋愛、性的な関係等々を追及することが

自分自身の価値観を守ることになります。

このようなタイプの人は他の感受点も必ずこの

第2ハウス的価値観と関連する感受点やアスペクトを

持っていますから、この動きを止めるような恋人と

交際することやパートナー選択をすることはNGです。

自身の価値観が高まりませんし、身体のエネルギーが

減り元気がなくなります。

sponsored link

第2ハウスに太陽があるタイプの人は第2ハウスに

金星がある人よりも更に主体的に同じような価値観を

求めます。

太陽ですからこのような傾向が生きる目標そのものに

なりますから、第2ハウス的価値を肯定的に努力

することが自分を育てます。

そのゴールは土星によって様々な着地点を迎えますから

第2ハウスに太陽がある人は土星のサイン(星座)やハウス、

アスペクトも大切ですが、第2ハウスの支配星のある

ハウスも大切です。

第2ハウスの価値観がどのように育つのか、という

問題がありますし、第2ハウスの支配星が第5ハウスに

あれば第2ハウスで蓄えた様々な価値を他人に向かって

表現することが大事になります。

それと同時に蓄えたものを消費することに喜びを

感じるのでよほどコントロールしない限り物質的な

豊かさは蓄積されません。

太陽が生きる目的ならば水星は生きる手段です。

第2ハウスに水星がある人もかなり自分の

価値観が譲れないタイプの人です。

どのようなハウスであれ、そこに天体があると

こだわりを持って取り組むことになります。

そのハウスの価値に対して執着が生まれるからです。

第2ハウスに天体がある人は特に自分の持つ

価値観にこだわりますから、上のリンク記事で

書いたアクションが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!