親子関係を改善して運を上げる方法(親の生まれ時間の推理)

sponsored link

この記事は親の生まれ時間を推理することで

正しいホロスコープを作り親を理解する

方法に付いて書いています。

記事タイトルを親子関係を解決すると書こうと

思ったのですが、お互い人間同士ですから

解決はしないと考えて止めました。

それでもホロスコープを通して親のキャラクターを

理解出来れば何とかすることが出来るでしょう。

本来なら親が子供を理解するのが筋です。

年齢や社会経験、親という養育者としての

立場等々、圧倒的に子供よりも強者です。

しかしながら、そのような立場の親が

子供に対してマウントすることしか頭に無い

ような場合は子供側が親を理解して適切な距離を

取りながら様々な対策を練る必要があります。

それは人生を乗っ取られないためであり、

場合によっては生命を守るためです。

親を理解するために親のホロスコープを作ります。

親の生まれ時間が分からない人がほとんどだと

思われますが、生まれ時間が分からなければ

本当の理解は難しいものです。

ホロスコープから得られる情報量は生まれ時間が

分かった方が圧倒的に多くなりますから

親の生まれ時間を推理します。

最低でも親の生年月日が必要になります。

占星術ソフトか若しくは無料ソフトを利用して下さい。

やり方は簡単です。

自分自身のアセンダントを親の第4ハウスのカスプか

第10ハウスのカスプに設定してみて下さい。

どちらにするかは、作った後のホロスコープを少し

占ってみれば簡単に察しがつくと思います。

sponsored link

赤の他人であれば、ホロスコープを推理するには

相当の手掛かりが必要ですが、親のことはかなりの

ところまで実感があるはずです。

このような方法が絶対とは言いませんが、やってみる

価値はあります。

ある程度納得できる親のホロスコープが出来たら

自分自身との相性を見るために5重円のホロスコープを

作ってみると更に様々なことが分かります。

第4ハウスのカスプはICです。

第10ハウスのカスプはMCです。

MCを父親、ICを母親という見方もありますが、

これは夫婦の在り方や力関係、実質的な男女の役割等で

簡単に逆転します。

少し面倒かも知れませんが、どちらの親のホロスコープを

考えるにしろ2通り作ってみることをお勧めします。

比べることで気付くこともありますし、両親自体の

相性が問題を作り出している場合も多々あります。

これは絶対の方法ではありませんが、やってみる価値の

ある方法ですから親との関係で悩んでいる方は

試してみて下さい。

悩みの正確な原因がつかめなくても仮説が立てられたら

そこを頼りに少しずつ本当の原因に辿り着けます。

仮説を立てずに当てずっぽうに占ってもいつまでも

分かりません。

本当の原因と書きましたが、本当の原因と言うものは

実は存在しません。

ただ本当の原因と思えるものがあるだけです。

この認識はとても大切です。

時間が経てば経つほどこの意味は理解出来ます。

それでも当座の本当の原因と思えるものを実感出来れば

救われます。

占星術の技術は簡単ですが、推理するという意味で

少し難しいかも知れませんが、親と向き合うつもりで

ホロスコープを推理すると得られるものは多いはずです。

親を理解するということは自分の可能性を広げる

ことでもあります。

親との問題を抱えていると仕事運や金運の大きな

妨げになります。

親の正確なホロスコープを推理することでそのような

問題もかなり改善されます。

相手が親であれ誰であれマウントを取ろうとする行為は

何も意味がありませんが、理解しようという行為は愛です。

何かしら明るい面を見出せます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!