長続きする相性に絶対必要な部分

sponsored link

本当に相性の良いカップルには、必ず相性の

悪いポイントがあります。

「えっ」と思われるかも知れませんが、かなりの

部分で相性が良い場合は結婚しても性的な関係が

なくなったり、場合によっては浮気や離婚、

自然消滅するかのように熟年離婚みたいな形に

なりかねません。

そもそも相性が良いとは何かという問題が

ありますが、これは価値観によっても異なるので

かなり難しい問題です。

しかし逆の言い方は出来ます。

相性の悪いポイントが一つくらいは必ずあった方が

良いです。

もちろん、ただ単に悪い相性ではありません。

きちんとした働きを持っています。

人間関係はその時々の気持ちや状況の変化もあって

考えることが難しいかも知れませんが、趣味を

例えに考えるとイメージし易いかも知れません。

基本的に好きなことだから趣味として楽しみますが、

まったく難しい要素が無ければすぐに飽きてしまう

のではないでしょうか。

個人のホロスコープの中であってもハードアスペクトが

まったくな人よりも特にオポジションとかがあると

向上心がうまれ易くなります。

もちろんインコンジャクトのようなアスペクトが

いくつもあると精神のバランスを取ることが

難しくなります。

そのようなタイプの人は自己完結出来ませんから

誰かと繋がることになります。

sponsored link

不思議に思えるくらい親切心を持った人も沢山います。

そのような人は、自己完結出来ずに困っている人たちと

上手く繋がることで自分の運勢を活性化させます。

もちろん、運勢的な変化(トランジット)の影響で

安定的なタイプの人の人生にも緊張感が走る時期は

あります。

現実問題としてかなり相性の悪い組み合わせの

夫婦であっても過激な争いをしながら理解を深め合って

いく例はありますが、相性が良すぎると何となく

別れてしまって結婚に至らなかったり、別場面で

危険な関係を持ってしまったりすることも

なくなは無いのです。

本当に良い相性は、相性の悪い部分が前向きな

働きをする関係です。

占星術的にはそれぞれの感受点がソフトアスペクトか

どうかと言ったような観点で判断するシナストリーが

用いられることが多いですが、個人のホロスコープにも

必ずと言って良いくらい矛盾する部分があります。

そのような部分を上手く生き返らせてくれるような

働きをするのが二人の悪い相性です。

少し可愛い例えですが、出かけることが好きな男性と

家にじっとしているのが好きな女性が、どのような

相性であれば一緒に人生という旅を進めていけるか

といったポイントになるような部分が二人にとって

前向きに働く悪い相性です。

このような観点で二人の相性を見る場合は、相性の

置き替えや月星座の相性、太陽星座の相性等々の

バランス全体を見ることになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!