執着心を前向きに使いたいアセンダントと165度

sponsored link

羽生結弦選手が求めている愛

という記事にアセンダントと木星と冥王星の

コンジャンクションの165度について

書きましたが、アセンダントと165度の

アスペクトを作る天体や感受点の組み合わせ

について少し追加します。

165度はクインデチレという名前のついている

アスペクトですが、簡単に言うと執着です。

しかし、ただ単純にクインデチレを執着と

覚えてしまうと解釈を間違います。

執着し過ぎた結果として「別離」が訪れる場合や、

執着し過ぎて強迫観念にまでなってしまうのかと

言ったような現象面に関しては天体や感受点の

組み合わせから適切なものを選択する必要があります。

執着心のコントロールが難しくなるくらい強く

なるのは、

アセンダントと火星の165度のしつこい攻撃。

努力の方向性が重要です。

アセンダントと木星の165度の拡大。

欲が深いということです。

アセンダントと天王星の165度の変革。

中途半端になれば破壊です。

アセンダントと冥王星の165度は、強制的な

意思であり、強迫観念として表れ易くなります。

以上のような組み合わせになります。

アセンダントと土星や海王星は抑圧として

働きます。

165度は第ハウスや第7ハウスに発生する

可能性があるので心身の健康や対人関係に

注意が必要です。

アセンダントと金星は楽しみですから、良いように

思えますが執着し過ぎると問題になります。

快楽に対する強迫観念になったら大変です。

月は特定の感情固執や体質面の不良になります。

太陽や水星はエゴ、自説に対する執着です。

sponsored link

記事タイトルは、「執着心を前向きに使いたい

アセンダントと165度」ですが、アセンダントでは

なく他の天体同士の組み合わせやトランジットの

165度になると、別離や健康問題に表れ易く

なります。

クインデチレだから特別ということではなく

他のアスペクトと同じように天体や感受点の

組み合わせの意味やそれぞれのハウスといった

ものから、該当するクインデチレの意味を

考える必要があります。

対人関係に発生しているようならば別離と解釈

しても良いと思われます。

ただ別離という感覚は主観的であり、第8ハウスや

第12ハウスが強いタイプの人は相手が亡くなっても

そういった感じ方を持たない場合もあります。

霊的な在り方を強く感じられるからです。

日々何かしら訪れているような感覚があって、かなり

接近してくるようになると胸に冷たいような感じが

あるような感覚を持つかも知れませんが、身内等で

あれば悪い雰囲気ではないはずです。

タイミング次第では全身現れるでしょう。

そのような感覚が部分的にでも持てるタイプの人の

場合は死すら別離ではありません。

ですからクインデチレのアスペクトがあるから

客観的な別離が現象化するという意味にはなりません。

そもそもクインデチレの165度の概念はホロスコープを

15度ずつ分割した延長にあります。

例えば杏さんは生まれ時間が数分ずれとアセンダントと

家族を守る蟹座のパラスとクインデチレが発生する

可能性があります。

自分を求めている愛を知る方法の例として

取り上げましたが、蟹座のパラスとクインデチレが

あったとしてもリンク記事の内容をフォローします。

推理したホロスコープでは数分若しくはもう少し

ずれる場合もありますから、オーブが1度である

クインデチレが存在するかどうかは断定出来ませんが

可能性はあるでしょう。

金星との165度であれば恋愛に執着するかも

知れませんし、その結果振られる(別離)が多くなる

場合もあります。

若しくは趣味にお金や時間を使い過ぎる可能性も

あります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!