個性と居場所作りとパートナーとの出会い方の関係

sponsored link

居場所作りとパートナーとの出会い方を同時に

書くのは、同じ場所でそれは育つからです。

(居場所の作り方、パートナーとの出会い方の実例

という記事を補う記事です。)

居場所が欲しい人やパートナーとの出会いを

求める人は、いったん行動を開始すると頑なに

なって努力する傾向があります。

しかし、相手のことを良く知らない段階から

少ない情報だけで運命の相手のように考えたり、

こうすれば自分の居場所が手に入れることが

出来ると勝手に決めつけて自分の心や行動パターンを

縛ってしまいかえって上手くいかなくなりがちです。

自分の居場所がある人やパートナーと出会える

タイプの人は、目先の目標はけっこう変化します。

サイン別記事にしても良いのですが、大した内容に

ならないので簡単な例を書くと最も目先が変わらない

人は、牡牛座タイプの人です。

最も変化するのは双子座タイプの人です。

タイプの人と言うのは、太陽星座が双子座でも

月星座が蠍座だったり土星が牡牛座だと簡単に

目先の目標は変化しませんから、自分のホロスコープを

トータルに判断することが必要です。

どんなタイプの人でも自分の変化のパターンがあります。

それは成長のパターンでもあります。

パートナーのタイプや自分の居場所を手に入れる方法を

勝手に決めつけて自分の心や行動パターンを縛って

しまいかえって上手くいかなくなりがちな理由は、

変化のパターン、成長パターンが回転しなくなるからです。

人の心は機械ではありませんから一回転した後の次の

回転は少しだけ違ったものになります。

自分なりに新しい何かを加えなかった人は、次の

回転の質は落ちます。

何かしら足せた人の次の回転はほんの少し良くなります。

ひたすらこの繰り返しです。

この微妙な変化を繰り返しながら生まれる軌跡がを

振り返ってみた時に見えるものが、その人のパートナーに

出会う方法ですし、自分の居場所です。

sponsored link

ホロスコープはネイタルのホロスコープだけではなく、

常にトランジットの影響を受けながら変化しています。

一度として同じホロスコープは発生しません。

そこに様々な要素(人、環境等)が加わってくるのです。

目先の変化を受け入れられなければその人の軌跡(幸運)は、

そこで途切れてしまいます。

これが挫折です。

挫折するのは真っ直ぐに進み過ぎるからです。

本音を探ると、この人とは仲良しだけれども異性としては

あり得ないと感じたら正直に適切な距離を作ったり、

相手の真意が分からなければ思い切って告白してみるのも

ありです。

ストイックになり過ぎずに自分を緩めることも大切です。

大切なことは緩め方です。

それまでの努力が台無しになるような緩め方をしたら

意味がありません。

切りがないので止めますが、このように前向きに

変化することはとても大切です。

この変化のパターン、成長のパターンはその人の

魂のエネルギーが心というレンズを通過をした時に

生まれる命のリズムです。

自分を解放したら滅茶苦茶なことをすると考えて

自分の成長のパターンを回転させられない人は

適切な手段が身についていないだけです。

ホロスコープのタイプとして強い暴力性を抱えている

人たちがいますがそのようなタイプの人は、格闘技を

すればルールの中で思い切り燃焼出来ます。

文明はすでに様々な性質を抱えていて、余程の天才で

ない限り自分に合ったものは必ず何かあります。

パートナーを見付けられる理由も同じです。

絶対に成長のパターンの回転を止めないことです。

止めたらそこで終わりです。

しんどいと思う人は、回転のスパンが分不相応です。

私は忍耐力も集中力も無い方ですから、行動の目先を

かなりの頻度で変えます。

それでも飽き足らない時は同時に幾つかのことを

行います。

自分との付き合いが長いので、どの行動をメインに

するべきかだけは考えて行動しますが、他人から

見たら何をしているのかさっぱり分からないでしょう。

とにかく自分が楽にやれるように段取りすることが

大切です。

ホロスコープをしっかりと読めばそれは理解出来ます。

月に過剰なストレスがかかっている人は牡牛座で

あっても一つのやり方に固執しない方が良いです。

こんな感じで全体的に成長のパターンを探って下さい。

それは魂のオーラと同じです。

とても重要な理解です。

自分に合わない成長のパターンは魂を損ないます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!