コロナウイルスと東京オリンピック

sponsored link

コロナウイルスと山羊座の土星と冥王星の

コンジャンクションの影響は多くの人が

指摘しています。

様々なイベントが中止に追い込まれる中

日本政府が最も気がかりなのは、東京オリンピックの

開催が不可能になることでしょう。

東京オリンピックは、7月24日から8月9日まで

開催されます。

この期間は、土星と冥王星のコンジャンクションと

木星と冥王星のコンジャンクションは成立しています。

山羊座でグレートコンジャンクションが

成立したままです。

良い方向から考えても悪い方向から考えても

大きなプレッシャーを表します。

普通に考えたら世界中から人から集まれば、恐ろしい

ことになるでしょう。

全国各地でコロナウイルスの発症報告があります。

このような状況の下で観客を入れて協議を行うことは

かなり危険です。

オリンピック開催までまだ5か月間あります。

この大きなプレッシャーが生じている現状を良い方向に

向けるだけの対策を日本政府が出来れば良いのです。

木星と土星と冥王星のコンジャンクション(山羊座

ステリウム)は、正攻法はとことん努力をして事態を

改善することですが、このアスペクトの裏技は

権力で事態を収拾することです。

オリンピック開催まで約5か月間ありますが、

それ以前に判断する必要があります。

そうなると山羊座のステリウムの特徴である

権力主導で望む結果を出す裏技しかありません。

ステリウムは深い影響が残ります。

その場合は、残った影響に関してはオリンピックが

終わった後に取り組むことになります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!