言葉の暴力で傷付いた時に最初にやって欲しいこと

sponsored link

他人に傷付けられた気持ちが癒せない場合は、

ホロスコープを使った幸運術というスタンスで

考える前に是非、試して欲しいことがあります。

この記事の前提として取り上げているのは、

「言葉の暴力」です。

最近は傷付ける、傷付けられるという際の

コミュニケーションが子供であっても

事件性を帯びているものが多く単なる無知では

済まないものが多いのでそのようなものは

然るべき機関等に相談して下さい。

イメージとしてはSNS等で悪口レベルのコメントを

ひたすらして回るようなタイプの言葉の暴力が

今回の対象になります。

言葉の暴力は、単純なものから正しそうな理屈を

作り上げて相手に自分が正しいという印象を与えて

悪感情をぶつける(ここが暴力部分)高等テクニック?を

用いたものまで様々なものがありますが、その目的は

自分のフラストレーションを誰かに捨てているだけの

行為です。

ホロスコープを作ると本来、人それぞれ価値観は

恐ろしく違うことが想像出来ますが、だからと言って

無暗に他人に悪感情を向ける人はいません。

そのようなことをする人も場所や相手を選んで

やっています。

そのような行為に傷付くコンディションは、一言で

言えば自分の価値を感じられない時です。

自分を信じる量が減っているといつまでも

心に引っかかります。

sponsored link

これはホロスコープが示す個性とは関係ありません。

トランジットの運勢がどのような場合であっても

行動半径を一時的に広げるだけで、そのような暴力の

全体性を客観的に把握出来るようになります。

これは自信を回復するからではなく、それまでと

違う行動をすることで自分自身に触れることが

出来るからです。

自信という言葉がありますが、自信があるように

見える人は、常に本気で新しい挑戦をすることで、

自分の核心に触れ続けているだけです。

自信があるように見える人でもそのような姿勢が

なくなれば次第に自分から遠ざかり元気がなくなります。

最近は簡単に事件性を帯びる傾向があるので精神論は

危険ですから、慎重な見極めが必要です。

相手の批判がどのような理由付けであれ、悪意、

悪感情を向けてきた場合で、頭では理解していても

違和感がぬぐえない場合は、深く考えたり落ち込む前に

半日でも行動範囲を広げてみて下さい。

それまでの自分から半歩距離を置くイメージです。

自分のこともその相手のことも少しだけであっても

客観的に把握出来ます。

その見えた結果をどのように扱うは、人それぞれです。

それはそれとして取りあえず客観的になれた分だけでも

気持ちは立ち直ると思います。

傷付いた側に非があるとすれば、自分で決めた自分の

イメージをなぞり続けているからです。

ホロスコープを作ると分かりますが、人間の一生では

全て真面目に体験することは不可能な内容が個人の

中には詰まっています。

それを発掘するのが挑戦です。

そのような行為が減ってくると悪感情を向けられ

易くなる下地が出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!