再生・発展させてくれる相性、運命の相性

sponsored link

記事が短い割には、重要な幸運術をいくつか

詰め込んでいます。

後ほど対応します。

太陽と月の中間度数を占星術用語では「ライツ」と

言うのですが、太陽星座や月星座の組み合わせ

だけでは説明出来ない彩りをキャラクターに

与えます。

彩りを与えると書くと、それぐらいなら大した

事は無いと思われるかも知れませんが一つの

感受点として機能しているくらい価値があります。

以前この人と結婚したらどんな感じになるのか

という記事を姓名判断やコンポジットの視点で

書いた気がするのですが、それの個人バージョン

みたいなものとも言えます。

運命の相性について

月と冥王星のコンジャンクションを例にしています。

月と冥王星のコンジャンクションを持っている人は

本人も自覚出来ないややこしい心の傷を持っている

と考えた方が良いのですが、そのような人と

やっていけると言うか、付き合えると言うか

相性が良いと言うのが適切なのかは断言出来ませんが、

総じて言えばお互いの未解決な心理的葛藤を一緒に

解決していくパートナーとして太陽と月の中間度数

(ライツ)と冥王星(本人自身の冥王星)のコンジャンクション

しているタイプの人です。

このコンジャンクションはサイン(星座)も同じ方が良いです。

極端に年齢が離れない限り冥王星のコンジャンクションは

同じサイン(星座)になります。

sponsored link

成長させてくれる相性

それ以外に太陽と月の中間度数(ライツ)のサイン(星座)と

どちらかの両親と同じだったりする場合もあります。

このような場合は、実は同じサイン(星座)の方の親や

その家系は大切な意味を持ちます。

サイン(星座)だけで注目すると活動や交友関係を通して

自分自身が取り込むべきエネルギーとも言えます。

何故か自分を成長させる時、成長している時に

このサイン(星座)の友人関係や恋人と付き合っている

というパターンがあるはずです。

それは恐らく太陽と月の中間度数(ライツ)と同じでしょう。

このような見方の良いポイントはヨッドやインコンジャクト

と言った葛藤の多いアスペクトの場合は特にどのような

ポイントに力を入れれば自分が伸びるか、という意味では

第8ハウスは再び生まれ直す場所と同じような感じになります。

もちろん相手は人ですから再び成長させてくれる人です。

運命の相性、成長させてくれる相性と説明の便宜上

分けて書きましたが、同じ人である場合もあります。

大切な要素をいくつか詰め込んだので説明が

少なくなっています。

後ほど書き足すか別記事にします。

サイン(星座)や天体の組み合わせで様々なパターンが

あるので都度都度書くことになるかも知れませんが、

再び生まれ直すという視点は特に重要なので

そちらを先に書くかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!