願いを叶える確率を上げる方法

sponsored link

冥王星やキロン、リリス等々影響が目立つ

天体や感受点を気にする場合、見落としがちな

影響は、それらの天体がある次のハウスです。

冥王星やキロン、リリス等々と書きましたが、

全ての天体や感受点についても同じような

見方が出来ます。

分かり易そうな例をいくつか上げてみます。

1、恋愛

ネイタルのホロスコープの第4ハウスに

冥王星がある人がいたとします。

第4ハウスに冥王星があるとある部分でかなり

偏った家庭環境で育つことが考えられます。

その結果、第5ハウスが表す恋愛や趣味、創造性を

発揮するようなこと全て、またはいずれかに

どのような影響を及ぼすか考える必要があります。

第5ハウス(恋愛と考えた場合)にとって第4ハウスは

恋愛運にとっての第12ハウスになります。

恋愛運を作り出す原因(無意識)が第4ハウスで

作られるます。

2、社会運

これは社会運や仕事運でも同じです。

第9ハウスにリリスがあると思想的に非常識な

部分まで踏み込んでいきますから、堅い職業や

決まり切ったパターンを繰り返すような仕事に

就くと退屈さを感じるでしょう。

社会的な面を表す第10ハウスにとって

第9ハウスは無意識(第12ハウス)になりますから、

単純に第10ハウスだけを考えてもしっくりしません。

sponsored link

3、才能

自分の才能(第2ハウス)を考える時に第1ハウスに

キロンがある人は、心の傷(第1ハウスの場合は

トラウマレベル)の影響を強く受けますから

これを無視して才能を考えると実際的では

なくなります。

才能(第2ハウス)にとって第1ハウスは

第12ハウスに該当するからです。

4、コミュニケーション問題

第2ハウスに天王星がある人は個人の自由に対して

大きな価値を見出します。

コミュニケーションや初等教育(第3ハウス)等に

関して自由を重視しますから、そのような価値観に

あったものでないと浮いてしまう可能性が

高くなります。

ホロスコープ全体に勢いがあればユニークな存在

ですが、弱ければ苛められるかも知れません。

5、結婚

結婚の多くは職場恋愛からスタートすることが

多いものですが、交際が始まる第7ハウスにとって

第6ハウスが第12ハウスに該当しますから、

自分自身の好みのタイプの人がいそうな職場に勤務

することが大切になります。

まとめ

12ハウス全てを書かずにまとめるのは、一つの

ハウスに複数の象意がありますから12ハウス別に

すること自体に意味がなく目的別で考えた方が

適切に思えるからです。

願いを叶いたいことがある場合は、その目的に

沿ったハウスの一つ前のハウスも検討することで

上手くいく確立が上がります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!