明日の乙女座の満月と魂の癒し方

sponsored link

3月7日の魚座の新月は、願いを叶えるための浄化作用

という記事を書きましたが、明日の3月10日は

魚座の新月からの乙女座満月です。

普段は、新月から満月、満月から新月という

サイクルを繰り返す流れですが、3月20日に

春分を迎えますから、占星術的には1年の締めくくり

となる満月になります。

魚座の新月は精神的な面やスピリチュアルな面を

浄化しましたが、太陽と海王星のコンジャンクションと

乙女座の月のオポジションの今回の満月は、乙女座の

見えるものや実際に存在する確かなものを浄化の

ターゲットに据えます。

浄化と言っても対象が見えるものですから、

断捨離や整理整頓と言ったとても具体的な内容に

なります。

しかも満月当日のお昼には、逆行していた水星も

順行に戻りますから、本当に普通に片付けをして

良いと思います。

占星術的には年末の大掃除と新しい年の最終準備

みたいなことが目的になる満月です。

3月20日の春分(新しい年)のすぐ後の3月24日には

また新月を迎えます。

このための最後のターンです。

第2ハウスの太陽と第8ハウスの月のオポジションの

満月という意味では体を祠とする魂のセットとして

丁寧に磨き上げるという言い方も出来ます。

魂の癒し方

普段は忙しくて自分自身の魂もあるのかないのか

分からないような感じになりがちですが、

体を癒す時間を少し多目にとって魂の存在を

少しでも感じることが出来れば、それで魂は

癒されます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!