ホロスコープを使って魂を癒す方法

sponsored link

魂を癒すことが大切な理由は、効率、能率

という方向性に理性だけで過剰に働きかけると

気持ちが乱高下し始めます。

気持ちが落ち込んだままでいるよりも

上がったり下がったりすることで

大切にしなければならない様々な気持ちが

一つまた一つと傷んだり、場合によっては

壊れることが問題です。

もちろん、今流行りの効率的に生きる姿勢が

魂の本質に沿っている人は何の問題もありません。

そうなると気持ちが乱高下する原因は他に

あることになりますが、時代に合っている人は

ストレスが少ないものです。

明日の乙女座の満月と魂の癒し方という記事に

サラッと魂の癒し方について触れましたが、

魂の癒し方自体は、何も難しい方法は一切なくて

ただ静かに感じれば良いだけです。

しかしそれでは瞑想すると眠くなるだけとか

面白くないという人も沢山いらっしゃいますので

意識を起こしたままで魂を感じる方法を書きます。

1、かなり発展的な魂の癒し方

能動的に魂に触れるポイントをホロスコープ的に

考えると発展性のあるイメージは太陽と月の

中間度数に当たるライツというポイントは

けっこう使えます。

理性と気持ちを繋ぐ存在が魂と似ているからです。

ただこのポイントにトランジットの太陽が

アスペクトを作るような気分に自分を持っていく

雰囲気作りは必要です。

多少面倒で、気持ちは疲れているようでも体力は

残っているような状態がいりますがやる気は

かなり出ます。

目を閉じてじっとする必要はありませんが、

やはり自分がどのように感じているかある程度

神経を集中させる必要があります。

sponsored link

2、湯船の中にいるみたいにただ魂を感じたい場合

第12ハウスのサイン(星座)の要素を尊重してみて

下さい。

取りあえず天体があろうがなかろうか関係なく

第12ハウスとサイン(星座)の関係から生まれる

象徴的な世界観を自分自身のイマジネーションに

取り込みます。

その時に取り込めた分量という制限はありますが、

その中で好きな様に振る舞えば魂に触れられます。

触れるということはある程度実感することになり

それが癒し効果を作ります。

この時にただ空想すれば良い人もいれば

感じたことをひたすら書いた方がすっきりする

人もいます。

ある程度、このプロセスが上手くいけば

その得られたイメージに合う映画や本、音楽等々で

追体験を重ねると更に元気になります。

3、「1」「2」も今一つな場合

月星座があるハウスのサイン(星座)の世界に

どっぷりとはまる時間を設けてみて下さい。

やり方によっては魂に触れるというよりも

ただ気持ちを緩めるだけになりますが、

コツがあるとすれば、その中で何か理性を

使うような動きをすることです。

読書でも執筆でも、料理でも手編みでも

ネイルアートでも何でも構いません。

ある程度理性が働いていないと魂を実感

し難いですし、完全な没我状態になると

コントロールが利かなくなって怖いイメージも

混入し易くなりますから、ある程度意識は

起こしておくことをお勧めします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!