もう少し元気になりたい場合

sponsored link

様々な幸運術をあらゆる角度から書きたいと

願う理由は、人は辛い環境や困難な状況に

遭遇するともう自分の力では、良い変化を

起こせない気分になります。

ギリギリの状況でもうこれ以上の可能性を

思い描けないと確信すると魂と身体を

繋ぐ紐みたいなものが確実に何本か

拭き飛んで千切れます。

その時の音を聞く人もいるかも知れません。

その時の衝撃を体に記憶している人が

いるかも知れません。

そこまで追い込まれなくてもこれ以上

自分を良くすることが出来ないから

後は適当に惰性で生きようとすると

退屈に苦しみます。

退屈さは精神を蝕みます。

もちろん、人は生きたいという本能も

持ち合わせていますから、希望が持てない

状態でも心に新鮮な空気を送り込むために

刺激や快楽を単発的に用いてでも希望が

あるような心理状態に近いものを少しでも

感じようとします。

ホロスコープを使って魂を癒す方法という

「魂って何?」と突っ込まれそうな記事を

書きましたが、幸運術の本質はある種の

客観的な条件を手に入れることではありません。

もちろん心と物がセットになった状態が理想です。

不感症ではありませんが、第3者から見て

どんなに恵まれていても本人自身が幸せを

感じられなければ明日死を選んでしまうかも

知れません。

忙しく生活しながら魂のようなものを感じる暇は

なかなかありません。

その理由は、魂を感じるポイントが目まぐるしく

動いてしまって焦点が合わせ難いからです。

そうなるとその日、どこの扉から自分の本質に

アクセスすれば良いのか分からなくなります。

オーバーワークが続くと危険なのは、自分と

アクセスする時間が不足し過ぎて自分とは何か

という本来疑問を感じないようなことに

ひっかかり出すからです。

sponsored link

そうなると快楽や刺激にしがみつくようになり

それも無理になると痛みにすがるようになります。

どうにもこうにも自分を繋ぎとめる手段が

なくなると死を選びます。

そのような状態に陥る前にいくらでも自分に

触れる扉はあります。

ホロスコープは便利です。

延々と話を聞いても分からないようなことが

短い時間で理解出来ます。

仮に理解出来なくてもそもそも星の組み合わせを

図示したものですからそれでも良いじゃないか

くらいの気分で付き合えば良いと思います。

良い気付きが得られればラッキーくらいで

良いと思います。

世の中には魅力的なものは沢山ありますが、

得に売っているものは魅力が増せば増すほど

値段もそれ相応するものです。

現在ホロスコープは無料で簡単に作ることが

出来る時代です。

幸運術はネイタルのホロスコープと恋人や

パートナーを初めとする周囲の人たちとの相性や

運行する天体(トランジット)や内面の動きを示す

ソーラーアークやプログレスの月のようなものとの

関わりでいくらでも変化します。

これは幸運術が無限にあることを示しています。

私たちは生まれ落ちた時はネイタルの

ホロスコープを背負っていますが、仮に

まったく同じ時間に同じ産婦人科で生まれても

その後育つ家庭の人間関係の影響からすでに違う

状態になっていきます。

ホロスコープを使って有名人から良いエネルギー

頂く方法を書きました。

友達がいなくても質の良い幸運術はいくらでも

何種類でも作ることが出来ます。

エネルギーが高まれば自然と人は寄ってきます。

この世にとってエネルギーゼロは死者です。

エネルギーゼロにも前向きな意味はありますが、

幸運術はより楽しく生きることを前提にしているので

その説明は割愛します。

人は消えません。

気配は残ります。

感謝は届きます。

色んなものが飛び交うのが空です。

それが何かの拍子に入ってくるのが空っぽの心です。

良いものが入ってくれれば加速も付きます。

ホロスコープには様々な幸運のポイントがあります。

最初は調べることは少し大変かも知れませんが、

自分のことだけであれば簡単に慣れます。

同じ幸運のポイントから取り入れるエネルギーを

時折、その時の自分に合ったものに見直しながら

常にあるレベルをキープし続けることが幸運の

ポイントです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!