東京オリンピックの開催延期とトランプ大統領

sponsored link

独断的意思決定のホロスコープを持つ

アメリカのトランプ大統領が東京オリンピックの

開催延期に言及する発言をされたそうです。

世界中でコロナウイルスが蔓延していく中で

あっても開催国である日本から無理とは

言い出し難いでしょうし、様々な意味で

国際オリンピック委員会もトランプ大統領の

発言が助け舟になるのではないでしょうか。

細かいホロスコープのポイントについての

詳細は省きますが、様々な利益や事情が絡みあって

身動きが取れない場合は独断的ホロスコープも

生きるかも知れません。

実際問題選手ファーストと考えても一人の選手でも

コロナウイルスに感染するような事態になれば

何故コロナウイルスが拡大する時に中止の

判断が出来なかったのかということになります。

ましてやそれで亡くなったりしたら誰が責任を

取るのかということになります。

恐らく参加国単位の責任になるでしょうが、

今の状況で開催したという問題は残ります。

日本は蟹座国家ですから自分からは止められないでしょう。

第2ハウスに木星があるトランプ大統領は

アメリカが儲けられないタイミングでの

オリンピック開催はあり得ないでしょう。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!