自分にとって愛されることの意味(小倉優子さんと土星水瓶座の影響)

sponsored link

自分にとって愛されることの意味という

難しそうな記事タイトルにしましたが

見るポイントは第11ハウスの支配星の

あるハウスと第11ハウスの関係です。

1、小倉優子さんの例

2、月星座を加えて考える場合

小倉優子さんの月星座は乙女座です。

3、小倉優子さんと土星水瓶座の影響

小倉優子さんの例

小倉優子さんの第11ハウスは、水瓶座です。

支配星は天王星になります。

この天王星は蠍座の第8ハウスにあります。

第11ハウスは愛を求める気質(愛を受領する)

という側面があります。

第8ハウスは結婚生活や絆と言った深い繋がり

としての側面もありますが、そのような愛に

自分自身が評価される場所とも言えます。

第8ハウスが誰にとってもそのようなものなら

問題はないのでは?と思われるかも知れませんが、

第8ハウスに天体があるタイプの人は、

このようなテーマに真剣になったり、

上手くいかないと神経質になったりします。

太陽や月の状態によってはパートナーに愛される

ために尽くすこともあれば、辛辣になったり

怒ったりヒステリー状態を呈したり様々な

態度となって表れます。

ですから第11ハウスの支配星が第8ハウスに

あるというだけでは実際の様子は決まりません。

sponsored link

小倉優子さんは、そんな第8ハウスに木星と

天王星があります。

木星は簡単に言えば魅力として働き易いです。

この木星は第9ハウスの支配星ですから、

物事を究明する働きが強くなります。

問題は天王星です。

とても個性的な、もしくは変わった愛情に対する

感覚が形成されます。

しかもこの個性的な感覚を結婚生活の場や深い

絆があると信じている相手には評価して欲しい、

評価するべきだと考えます。

しかも第8ハウスが蠍座の場合はこのような

感覚が自分のものであってパートナーのものとは

異なるということが分からなくなりがちです。

小倉優子さんは、太陽とMCのミッドポイントに

木星がアスペクトを持っているので自己主張が

優しくなる可能性がありますが、実は木星と

天王星はコンジャンクションしていて単純な

話ではなくなっています。

簡単に言えば前向きな性質になるのですが、

ちょっと待って下さい。

このような組み合わせで前向きということは

自分の愛情のセンスが相手と合わなくても

反省するよりも相手が悪いと考え易いという

ことです。

しかも小倉優子さんの木星は物事を究明

したがりますから愛情等第8ハウスに関して

妥協出来ないでしょう。

自分の愛情に対して疑問を感じないタイプの人に

対して繊細なパートナーであれば嫌気が差します。

パートナーも同じようにくじけないタイプの人で

あればメソメソされるよりはましと考えることも

あるでしょう。

小倉優子さんは、自分の持つ個性的なセンスを

評価して欲しい、評価されるべきだという

愛され方を求めていると言えます。

これは決して悪いことではありません。

ただ行き過ぎると自分の愛情のセンスにあった

宗教に受け入れを求めたりするようになったり

自分がそのような価値を広めようとしたりします。

月星座を加えて考える場合

小倉優子さんは、月星座が乙女座ですから

余計に自分の正しさや自分を守ることに

関心が向かいます。

ストライクゾーンが狭くなりがちなので

パートナーの選択が重要です。

小倉優子さんと土星水瓶座の影響

小倉優子さんは、太陽も土星も蠍座なので

本格的に土星が水瓶座に入ると余計に

大変な状態になりますから、結婚生活を

修復するなら今年の11月までに何とかして

きちんと結果を出してから丁寧に新機軸を

出していく必要があります。

別居が続けば厳しい状況になり易いでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!