コロナウイルスと個人的な影響の考え方

sponsored link

コロナウイルスの報道がオリンピック開催延期と

共に加速度的に増えてきた気がします。

変な話ですが、志村けんさんがコロナウイルスに

感染したというニュースに触れて何だか

より身近に迫って来ているような根拠のない

印象を持ったのでコロナウイルスについて

少し考えてみました。

ウイルスのような存在を象意として与るのは

海王星になります。

何でもかんでも怪しいものを海王星の管轄に

置くのは不平等な気もしますが、一応セオリーに

ならって海王星を考えてみると海王星が

落ち着かない時期は何かしらのウイルスが

流行することがあります。

占いの限界として海王星が強い形で影響を

与えるから具体的にどのような不穏なことが

現象化するとは言えません。

ただ多くの場合において海王星が強く影響を

及ぼすようなタイミングでウイルスに関する

騒ぎが起こっていることを考えると暫くは

続きそうです。

当たり前ですが、海王星が強く働くタイミングは

どこかしら途切れることなく発生します。

海王星(ウイルス)を拡大させるという意味では

木星とのアスペクト。

海王星が何らかの障害を作り出すという意味では、

土星のアスペクトを中心に考えます。

sponsored link

それらのアスペクトが消失しても病気や経済の混乱等

現実に定着したものが一掃されるまでの

タイムラグはどうしてもあります。

変な例えですが不倫もばれてから全ての影響が

収束するまでが大変です。

そのまま離婚になったり子供の心を傷付けて

将来結婚したくないと思わせたり、何らかの

形で反抗的になる場合もあります。

そのような影響は子供が成人しても続きます。

現在、海王星と木星のハードアスペクトや

海王星と土星のハードアスペクトはありませんから、

今から起こった現実の病気に対して治療薬を

完成させたり落ち込む経済に対して対策をしたりと

少しずつコロナウイルスが流行する前の状態に

回復させていく手立てが取られていくのでしょう。

このような時期に入ってくると個人のホロスコープの

中で第6ハウスはどのようになっているかとか、

アセンダントに対してトランジットの海王星が

165度になっていないかとか健康に関わる

様々なアスペクトに注意しながら健康状態に

注意を向けるとより効果的かも知れません。

人によってはコロナウイルスの影響で就職や

雇用問題に発展する場合もあるでしょう。

何らかの危険性が予測される場合は早目に対応

したり選択肢を検討するのもありかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!