様々な幸運術と月星座と太陽星座の関係

sponsored link

生まれ変わる幸運術がもっとも発揮され易い

ハウスとして第8ハウスを推していますが、

誰かとの相性や深い関係性を築き上げていく時に

太陽星座と月星座は抑えておきたいと言うか

太陽星座と月星座の組み合わせを前提に

記事を書けたらと思い先ずは月星座の見直しを

かねて月星座の記事を書いています。

その時々の調子や気分で太陽星座寄りになったり

月星座寄りになったりしますから、この2つの

価値を切り離して幸運について考えることは

とても難しい面があります。

理屈では太陽星座の価値の考えますが、少しでも

動揺するような状態になると月星座の価値で

考えだすという言い方も出来ます。

人によって太陽星座や月星座の度数は、異なりますが

太陽星座と月星座の組み合わせによって、中間度数の

星座もだいたい分かります。

中間度数の星座が分かれば、度数が分からなくても

その星座の象意の中から気持ちで選ぶことが出来ます。

仮に生まれ時間を調べても母子手帳で確認しない

限り間違っている可能性があります。

母子手帳でも生まれ時間を記入したタイミングで

多少の誤差が生じる可能性もありますから

やはり感覚的に調べることも大切です。

sponsored link

幸運術を実際に役立てるためには、自分の月星座

(本当は月のハウス、アスペクトまで含みます)が

救われるためにどうすべきか?ということを

自分の太陽星座(水星と金星は太陽とセット)の

センスで取り組むといった感じになります。

そのような視点で第8ハウスを検討すると

かなり本当の自分に近くなります。

ネイタルのホロスコープの月が海王星に

やられている時に冷静に対処するのは困難です。

かと言って絶好調過ぎると太陽星座のセンスのみで

対処してしまうでしょう。

太陽と月の組み合わせは144通りもありますから

一つの記事で毎回すべての組み合わせに言及することは

不可能ですが、この組み合わせはこんなタイプの人と

いったものをどこかに用意しておかないといけないかなと

感じています。

月星座が本当の自分で太陽星座のドレスを着て

人生を歩むという言い方も出来ます。

自分の人生にはドレスではなく宇宙服だという人も

いるかも知れません。

太陽を生身の自分を装うものや保護するものと

考えれば太陽と水星、金星はセットですから

バリエーションは豊かです。

対社会になると土星を中心に火星や木星も考えますが、

誰かにメッセージを伝える場合や幸運術の利用を

考える時は太陽と月をセットにした自分が第8ハウスを

利用するみたいな考え方をすることで実際に役立つ

手段を取ることが出来ます。

もちろん、その他のハウスを通して利用する場合も

同じです。

気分や気持ちの月星座が私はこんな生き方(太陽)しか

出来ないということを知っていないと選択ミスが

多くなります。

こんな生き方をしたいと思って手段を選択しても

本当の自分(ハウスまで考慮した月星)を無視しても

長続きしません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!