月星座 天秤座の人の愛情

sponsored link

月星座は自分が居心地良く生きるために

必要な条件を意味します。

月星座が天秤座の場合は、多くの人に

好かれることが大切になります。

それでいてがつがつすることは好みません。

あくまでもマイペースです。

好かれるために媚びるとか尽くすのではなく

優雅な自分を維持する方法を選びます。

そのような態度は好かれると言うよりも

嫌われないためのように見えますが、

月星座が天秤座の人は嫌われても自分とセンスが

違う人に分かってもらえなくても平気だと

考えます。

あくまでも他の月星座と比較としてですが、

そもそも深い愛は求めていません。

自分のペースをキープ出来ている状態を

愛だと感じると言っても過言ではありません。

ですから深く干渉されることもすることも

望むことはなく、活動サインですが愛に対して

受身な態度になります。

自分のスタイルを変えたり、自分を犠牲に

してまで交際を続けようとは思いません。

相手にも無理してまで愛を貫くことを

求めないタイプの人です。

このような愛に対する態度は本気度を

疑われる場合もありますが、上品と言えば

そうですし、相手のことを思っていないのとは

少し違います。

愛と自分の間に薄い膜があって根本的には

決して混じり合うことはないのが月星座が

天秤座の人です。

自分や交際相手のペースやスタイルを愛している

のであって、それを損なうようなことこそが

愛ではないと考えます。

ですから無理はしませんし、無理はして欲しくない

という気持ちが優しさになります。

居心地は良いですが、何も変わりませんし

何も残りません。

優雅な時間の中で一緒に過ごすこと自体が月星座が

天秤座の人の愛と言っても良いでしょう。

それはそれぞれの個性を最大限に尊重する愛情です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!