偶然を味方につけること

sponsored link

2011年にアメリカで公開されたコンティジョンが

現在のコロナウイルスが蔓延している状況と似ている

ということで噂になっています。

その映画に出演していたケイト・ウィンスレットさんや

マット・デイモンさんが、その噂に反応して今年の

4月3日にコロナウイルス対策の動画を出しています。

このように自分たちが意図していない方向で脚光を

浴びる場合があります。

ある一定のことに意識を向けることで漠然と感じている

ものがある程度ビジョンとして育つ場合があるのです。

偶然を味方につけることはこれにとても似ています。

何らかのことに意識を向けている時点で偶然ではないと

思われるかも知れませんが、意識を向けるという

行為自体に直接的な意味はありません。

あくまでもイメージの問題ですが瞑想をしたり

水晶を見詰めたり、舞い落ちるこの葉を見たり、

鉢物や植物を見たりするこで収斂されていく意識が

何かを引き出すことと同じです。

そのような意識は敢えて表現すればどこかで起こっている

タイムループの中から現実に何かを持ち出そうとしている

ことと似ています。

sponsored link

この時にたまたま手に取ったものや自分に起こったことを

偶然だと感じます。

映画やドラマでは何度もタイムループしたり、結果的に

沢山の偶然が起こりますが、現実は稀なことです。

しかし偶然ではありません。

その人のノード軸と大いに関係があります。

どのような関係があってどのように利用するかは

無料公開は出来ませんが、意識的に偶然の通り道に

意識を突っ込む行為は多くの人が無意識に

行っています。

このような行為は広い意味では霊的なものですが、

個人的な霊能力とは異なるものです。

自分自身を自然物としてアンテナ化するだけと

言えます。

その証拠に誰にでも偶然の力は働きます。

どんな対象でも構いません、エゴを向ける

のではなく意識だけを向けるという感じですが、

それらを分離することは普通は出来ません。

変形12サイン別、守護霊のメッセージを受け取る能力の見方

に第12ハウスの月があったり、他にもある条件は

エゴが働き難いという共通点があります。

現在、世の中はコロナウイルスの影響で

これからどのような影響や変化が発生するのか

分からない部分がありますが、こういう時は

偶然を味方につけた方が都合が良いかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!