現在の状況と自分の運勢を繋ぎ合わせて考える視点

sponsored link

営業禁止でも補償はしない第1ハウス冥王星獅子座

という記事を書きましたが、生き残るための

社会的な流れとしてあり得そうな情報をシェア

したいと考えて書いています。

営業自粛を求めても補償はないという現状ですが、

安倍晋三首相は任期中にオリンピックを開催したい

という希望や衆議院総選挙前にコロナウイルスの

影響からの復興という名目で給付金を使ったり

減税を行って自民党圧勝を狙う政治日程を

考えているから今は営業補償や一律の給付金支給は

しないというシナリオがあるそうです。

私たちは日本という環境の中で幸せにならなければ

なりません。

生きる環境の変化について注意を向けるのは

自然に生きる生き物も同じです。

コロナウイルスのワクチンが完成するまでは

色々と解決しないと思いますし、1年後に

オリンピックを開催出来るともなかなか思えませんが、

次の選挙までは自力で何とかすることを考えないと

いけないということは決まりでしょう。

sponsored link

もし今大学生であれば将来は公務員を目指そうと

考えるかも知れません。

ベンチャー企業を立ち上げようとか考える人は

少ないでしょう。

否、だからこそ自分は挑戦するという人もいるかも

知れませんが、都市部が正常化しないと厳しいのも

事実です。

占星術はホロスコープの動きを現実にどう繋ぎ

合わせていくかということがとても重要です。

今の環境の潮目を国を動かしている人たちが

どこに持ってこようとしているのか考えると

見えてくるものもあるかも知れません。

コロナウイルスの影響が消息に向かっていれば

その辺りから景気が持ち直し始めることが

考えられます。

色々とやってみたいことがある人は、それまでは

準備期間のように考えて様々な流れが底を打って

反転し出してから動き出すことを考えて

自分のホロスコープを眺めるのもありでしょう。

結婚や旅行を初め、活動自粛ムードが解けないと

批判されそうな活動がしたい人は猶の事タイミングが

重要になります。

諦めるのも悔しいという方は現実の潮目が変わる

タイミングと自分の運勢を交互ににらめっこ

しながら今、どう行動するかという視点で

ホロスコープを眺めると良い答えが出る可能性があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!