藤原啓治さんの追悼記事(天秤座の才能の伸ばし方)

sponsored link

クレヨンしんちゃんのお父さんの野原ひろし役や

鋼の錬金術師のマース・ヒューズ役等様々な

役や映画の吹き替えをされていた藤原啓治さんが

亡くなられました。

55歳という若さだったそうです。

藤原啓治さんは、恐らく太陽星座も月星座も

(僅かですが月星座が乙女座の時間帯があります)

水星星座も天秤座だと思われるのですが、

自分の個性を徹底的に生かしてスムーズに

生きていける状態に幸せを感じるタイプの人

だったのではないでしょうか。

そしてそれを実現するために実際に厳しい努力を

されたと想像しています。

このような点を考慮したりすると太陽は、サビアン

度数天秤座12度になります。

ほとんどの生まれ時間であってもサビアン度数

天秤座12度なのでこの部分はほぼ間違いないと

思われます。

このサビアン度数の名前は「鉱山から出てくる

炭坑夫」です。

このサビアン度数は、自分が求めるテーマに対して

無理な頑張り方をするので健康問題が生じ易い

傾向があります。

そもそも太陽星座が天秤座の場合は、他人が

どうのこうのではなく自分がどのように感じるか、

どうありたいかということがテーマになります。

これは個性を確立することが目的の天秤座に

とって当然なのですが、その中でもサビアン度数

12度の天秤座は自分の身体を通して個性を

確立していくというハードな面があります。

sponsored link

スタイリッシュなセンスが際立ってくるのは

もう少し後の天秤座で、この度数では体を張って

頑張ります。

藤原啓治さんは、声優として活躍されましたが、

太陽、月、水星、金星、火星、土星には牡牛座はなく

木星が牡牛座です。

木星が牡牛座ですから社会的な成功が、牡牛座的な

ことからもたらされることを意味しています。

五感を通して役を演じる声優は相応しい職業です。

職業に対する実行力、行動力という意味で火星を

考えることも出来ますが、藤原啓治さんは火星は

獅子座です。

この火星は牡牛座の木星とスクエアです。

火星獅子座は、演劇のような表現する活動や職業で

満足感を得ることが出来ます。

このような活動と社会的な豊かさがもたらされる

木星牡牛座が、激しく活動(スクエア)することで

余計に身体に負担がかかったのかも知れません。

しかしこのようなアスペクトは、それと同時に

藤原啓治さんの社会運を大きく開花させる

原動力になったはずです。

55歳という若さで亡くなられてしまいましたが、

様々な作品を通して多くの人の記憶に残り続けます。

ご冥福をお祈りいたします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!