12星座別、パートナー選びのポイント

sponsored link

まだ身近にいる亡くなられた方たちのお話

という記事を書きましたが、何故このような記事を

書くかと言うと、このブログは第12ハウスを

利用した幸運術をお勧めしているからです。

虐待を初め何らかの理由で生き辛い思いを

している状態であっても自分らしく生きることを

諦める必要はありません。

ただそのような時は、頑張ろうにも色々と

無い無い尽くしですから、第12ハウス的世界から

必要なものを引っ張って来る必要があります。

無から有を生み出すのです。

ただ第12ハウスは見えない世界ですから

そのままでは利用出来ません。

何かしら依代となるものが必要になります。

その最初の一つとしてホロスコープを使います。

このような考え方は一般的な占星術ではなく

あくまでも霊能ありきのアプローチです。

死んで肉体が消滅すれば自分という存在は綺麗

さっぱりなくなるという考えの人には

合わない幸運術になります。

最初の依代としてホロスコープを使うと書きましたが、

第12ハウスのエネルギーは第4ハウス、第8ハウスを

経由しながら深い感情がまるで地下水路のように

流れていきます。

第4ハウスは自分自身が生まれて育つ環境ですから

能動的にコントロールするのが難しいどころか

第4ハウスのカスプであるICが示すように先祖代々の

影響を受けたりもします。

繊細な人は民族レベルの影響を受けることもあるでしょう。

そうなると自分自身でコントロール出来るのは、

第8ハウスだけになります。

第8ハウスは結婚生活を象徴するような愛の現場とも

言える場所です。

第8ハウスにとっての第12ハウスは第7ハウスですから

まずはパートナーの選択から始まる世界です。

第7ハウスでパートナーと出会い第8ハウスで

お互いに相応しい愛情を作り上げていくのです。

牡羊座の人の場合

牡羊座の人は、本音を出せる相手が必要になります。

この本音は、普通の本音の他に壊れてしまう自分も

含まれます。

テンションが低くなった時に本当に一緒にいられる

相手なのかという言い方も出来ます。

牡牛座の人の場合

本当に好きな人しか愛せない牡牛座の人は、

困難でも長い時間を要しても妥協しない

ことがポイントになります。

本当に好きかどうかはどの星座の人も同じなのでは?

と思われるかも知れません。

実際、その通りです。

ただ愛情に対して真面目過ぎる牡牛座の人は、

自分の思いを確かめるのに長い時間や手間を

かける必要があります。

長い時間と言うのは、時計の時間ではなく

相手だけを信じて真っ直ぐに思い続ける時間です。

双子座の人の場合

双子座の人の愛は色々と自分で画策するよりも

自分らしく振る舞えている時に意外な出会いを

することで始まりますから愛についてあれこれと

考えるよりも楽しめている自分をキープし続ける

ことが大切になります。

蟹座の人の場合

蟹座の人の愛のキーワードは節度です。

恋人やパートナーのことをちゃんと見てあげられる

蟹座の人だからこそ自分の盛り上がる気持ちに

少しだけブレーキをかけて相手を待つ態度を

何割か残しておくことが大切です。

何割というのは、決まった数字ではなく

その時々で変わるものです。

そこを上手に読み取れるのが蟹座の人という

言い方も出来ます。

獅子座の人の場合

獅子座の人は、どんな時でも慌ててはいけません。

一言で言えばプライドが高いだけに、本当のの愛に

出会う前に必ず大なり小なり一波乱あります。

この波乱の時に内心はともかくも落ち着いて

振る舞えるかどうかが獅子座の人の器量です。

器の中に愛は注ぎ込まれます。

獅子座の人の器は日頃どれだけ真剣に物事に

取り組んできたかで決まります。

プライドはそのような態度に支えられるからです。

獅子座の人の真剣な取り組みは単なる努力ではなく

プライドをかけた勝負と言えるものです。

乙女座の人の場合

乙女座の人は、本当の気持ちを伝えることが

自分にとって必要な愛を引き寄せます。

本当の気持ちとは単に「好き」と告白することではなく

恋人やパートナーとの関係においてありのままの

気持ちを素直に伝えるという意味です。

これが出来なければどんなに相性の良い相手であっても

愛から潤いがなくなってしまいます。

乙女座の人に必要な素直な気持ちとは、我がままに

似ています。

ちょっと我がままになれるくらいで丁度良いのです。

sponsored link

天秤座の人の場合

天秤座の人は、一度トラブルみたいな状況を

通過した方が本当の愛に出会い易い傾向があります。

自分自身が苦しい体験をして本当の愛に目覚める

場合もあるでしょうし、交際を始めてから上手くいかない

期間を経て恋人やパートナーの大切さに気付く

場合もありますが、これは天秤座の人の比較することで

理解が深まる性質に根付いたものなので、不安に

思うことではありません。

蠍座の人の場合

蠍座の人は、愛情に関しては積極的に動くよりも

気持ちの揺れが以心伝心で伝わるような状態を

保っている時の方が本当の愛に出会い易くなります。

蠍座の人が積極的に動く時の愛は身体的な愛に

なり易い傾向があるからです。

念の力が気持ちに集中している状態が正しい出会いを

引き寄せます。

と、このように書きましたが、身体的な愛を否定

しているのではなくあくまでも生涯のパートナーを

見つけるのならばというお話です。

射手座の人の場合

射手座の人は、自分自身に夢が沢山詰まっていますから

恋人やパートナー選びに関してはとても現実的な

ものになります。

実際に交際してみて燃え上がった後に別れたり、

結婚寸前までいきそうになってから本当に必要と

思える相手に気が付いたりしますから、その辺りの

駆け引きと言うか、その都度態度をはっきりさせていく

ことがポイントになります。

山羊座の人の場合

山羊座の人のパートナーの選択のキーワードは

信頼の構築です。

恋人であれば会いたくない時は会わずに済みますから

単に好きというだけで十分です。

しかしパートナーの場合は、好きという気持ちを

守り続けるために様々な面で信頼を築き上げていく

必要があります。

二人にとって気になることを少しずつ解消しながら

信頼関係を築き上げていく態度がポイントです。

水瓶座の人の場合

水瓶座の人にとってパートナー選びは難しい

ものかも知れません。

冷静に考え過ぎるとパートナーを得ることで

得られるもの失うものを考え過ぎて動けなく

なったりしがちです。

水瓶座の人にとってパートナー選びの決め手に

なるポイントは、理性を超えた力が働いた時です。

運命とか大袈裟なものではなく良い意味で

水瓶座の人の思考力の範囲を超えた力が働いたり

働いているように感じた場合は、その相手に

決めて良いはずです。

逆にそのような力が働かない場合は、何となく

うやむやになったり自分から逃げ出してしまう

可能性があります。

魚座の人の場合

魚座の人が本当の愛に出会うためには、自分の態度を

思い切ってきっぱりと決めることがポイントになります。

強引になるという意味ではなく、魚座の人らしい

広い視野に基づいた気遣いを重ねた上で決めにいく

ということです。

信じている相手の良さに思い切って乗っていこうとする

潔さみたいなものです。

逆に言えばどんなに交際が楽しくても自然に思い切った

行動を取れない相手ならばパートナーにしてはいけません。

結婚してから思い切ったことをすることになります。

この人となら無茶が出来るとか、自分一人では

出来ないことでも一緒ならやれるかもと感じる相手なら

きっと大丈夫です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!