月の育った環境と妻を大切にしない男性(例、東出昌大さん)

sponsored link

北川景子さんの妊娠と緊張感を和らげる相性の意味

と言う記事に

「DAIGOさんから見ればICが蠍座で、自分の

月星座、太陽星座、水星星座が牡羊座ですから

牡羊座らしく自由に生きることへの強い緊張感が

ある家庭で育ったことを表しています。」

と書きました。

月の星座やアスペクト、ハウスを考慮した

子供時代の自分と育った環境としての第4ハウスを

考えると、自分や相手の月がどのように育ったか

かなり理解出来ます。

ICは、第4ハウスのカスプです。

離婚に至りそうな杏さんと東出昌大さんを通して

考えてみます。

杏さんは月星座が双子座で東出昌大さんは

月星座が蟹座ですから、それほど月星座同士の

相性が良いわけではないというそもそもの問題も

ありますが、離婚問題の原因となった

東出昌大さんの第4ハウスは蟹座です。

そして蟹座の第4ハウスに月があります。

第4ハウスの支配星が第4ハウスにあると自分の

家庭を保つために頑張ることも多いのですが、

東出昌大さんのように第4ハウスが第4ハウスの

基本星座の蟹座で、そこに月があるという

支配星回帰でかなり蟹座色が強い状態になっていると、

結婚した家庭(杏さんとの家庭)よりも生まれ育った

家庭をかなり重視する傾向があります。

sponsored link

そうなると杏さんがどうと言うよりも自分の母親が

どうと言うような感じになります。

蟹座が強く働くとどうしても内向きと言うか

身内受けに走り易い傾向があります。

奥さんは身内なはずなのですが、生まれ育った家庭が

第一になっていると妻の地位はかなり低くなるでしょう。

第4ハウスの支配星が第1ハウスにある場合も

育った環境の影響が強くなります。

正確には両親の影響なのですが、育った環境と

ほぼ同じ場合が多くなります。

杏さんの第4ハウスは牡牛座ですから家庭から

金銭や才能が強く関わる育ち方をします。

第4ハウスの支配星である金星はMCとオポジションに

なっています。

家庭環境、お金、才能、仕事というキーワードが

並んでくると育った杏さんの母親との金銭問題も

頷ける部分があります。

もし杏さんが東出昌大さんと離婚しなければ

夫の仕事のトラブルの金銭問題も自分自身の

問題になります。

家庭環境にお金の問題が付いてくるパターンが

生まれ育った環境と変わらなくなります。

断ち切って欲しいと個人的には思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!