月星座別、夢を叶える成長の土台

sponsored link

月星座と幸運をつかむイメージの育て方の関係

と言う記事に「本当の自分にこだわるよりも

イメージも含めて本当の自分と考えて良いものに

していくことが大切です。

もし本当の自分と言う言葉を使うのであれば

月星座という土地に太陽星座という花が咲く関係を

考えると良いかも知れません。」と書きました。

太陽星座は創造性によって具体的な表現は

いくらでも変化しますが、月星座の土地部分は

無意識が大半であり環境との関わりで次第に

蓄積する感情も積み重なって気付かない間に

土(土台)の質が変化していったりします。

出来るだけ土(土台)が汚れないようにという視点も

ありますが、少しずつ偏りをなくしていくという

部分もあります。

このようなことが前提に成長の土台としての

月星座について書いています。

月星座が牡羊座の人

月星座が牡羊座の人が良い成長の土台をキープ

するためには、誰かを当てにせずにまず一人で

取り組んでみることです。

これは協力者を否定することではありません。

誰かと組むことも大切ですが、その前にまず

自分一人で行うことです。

そして誰かと組む場合は、しっかりとステップを

踏むことです。

そうでないとなし崩しになります。

月星座が牡牛座の人

月星座が牡牛座の人の成長の土台を良くするポイントは

ともすれば短所に映る場合もありますが、自分のセンスや

良心に合わないことは拒絶することです。

これは強情さやプライドの高さとして受け止められる

部分でもあるのですが、この性質があるからこそ

月星座が牡牛座の人の土台の純粋性は保たれます。

月星座が双子座の人

月星座が双子座の人は、好奇心旺盛であり

退屈を嫌うことで成長の土台を常にリフレッシュ

しています。

人間と動物の知性の圧倒的な違いは、好奇心です。

それくらい重要な資質ですが、面白いことや刺激を

求めて無理をし出すようになると成長の土台は

駄目になっていきます。

月星座が蟹座の人

自分に関する利益が何であれ増やすことばかり

考えても良くありません。

月星座が蟹座の人の利益とは仲間意識の獲得です。

依怙贔屓、仲間外れは要注意です。

月星座が獅子座の人

自分の気持ちの盛り上がりは、大切ですが

やり過ぎると別物になってしまいます。

勇気なのか我がままなのかは、月星座が獅子座の人が

一番感じ取っています。

月星座が乙女座の人

細かく考え過ぎることで成長の土台が痩せ細って

いく可能性があります。

時には混乱した部分があってもそこから生命力が

宿ることもあります。

sponsored link

月星座が天秤座の人

他人と争うことを嫌がり過ぎて成長の土台が

危うくなる傾向があります。

他人と仲良くすることは大切ですが、それと

同時に真剣に向き合うことも同じくらい

価値があります。

月星座が蠍座の人

月星座が蠍座の人は、誰も当てにならないように

感じ出すと成長の土台が揺らぎ始めています。

こういうときこそ軽々しく結論を出さずに

自分や他人の気持ちについてゆっくりと

考えることが大切です。

月星座が射手座の人

月星座が射手座の人は、やりたいことが

沢山あります。

好奇心が強いばかりに変なことにはまったり

厄介な人との交際に夢中になることもあります。

一日は24時間ですし、人生それぞれの時期に

おいてテーマがありますから、やりたいことの

何を減らして何を追いかけるのか、しっかりと

考えて取り組むことで成長の土台が盤石になります。

月星座が山羊座の人

月星座が山羊座の人は基本的に真面目で

我慢強いのが長所ですが、これも過ぎれば

成長の土台を傷めてしまいますから、最初から

無理せずに少しずつ叶えたいことに近づいていく

ことが大切です。

月星座が水瓶座の人

月星座が水瓶座の人が成長の土台を豊かなものに

するためには、具体的な困難があっても努力を

続けることがポイントになります。

月星座が水瓶座の人の長所は、閃きが舞い降りる

ような努力とは別のところにあるからこそ

努力が出来れば鬼に金棒です。

月星座が魚座の人

月星座が魚座の人は、能力があるのに他人を

当てにし過ぎるところがありますから、自分に

厳しくすることで成長の土台がしっかりとした

ものになり願いが叶い易くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!