引き裂かれた心の再生(冥王星と第8ハウス)

sponsored link

冥王星とアスペクトを作る天体に関しては、

その精神的な象意が引き裂かれている状態を

表している可能性があります。

もちろん再生の道筋もあるのですが、どこかで

引き裂かれる場面が発生する傾向があります。

占星術的にはトランジットの天体の影響が

引き金になるという言い方も出来ますが、

そのような運命論的な発想をしなくても

薄々感じるものです。

だからこそ漠然とした不安として気持ちが緩んだ

時や何かの変わり目に感じたりします。

人によってはいきなり強烈に感じる場合もあります。

そのような時は、冥王星とどのような天体や

感受点がアスペクトを作っているかとか、

それらの天体や感受点がどこのハウスにあるのか

調べると引き裂かれた感情の種類やそれが

どのようなシチュエーションで傷むのか考える

ことが出来ます。

sponsored link

そしてもう一つは第8ハウスです。

第8ハウスは死と再生のハウスと言われています。

第8ハウスのサイン(星座)は、人それぞれですが、

そのテーマを新たに統合する仮定で深い感情が

引き裂かれることを暗示しています。

占星術的な説明は、死と再生ですが、現実の

私たちの心が引き裂かれた後に無事に再生される

保証はどこにもありません。

頑張って心の傷を統合することで再生するのです。

引き裂かれた心がどのようなプロセスを経て

再生されるのか、再生にどれくらい時間がかかり

そうなのかは冥王星のアスペクトや第8ハウスの

コンディションがどのような状態なのか個別に

考える必要があります。

もし第8ハウスに月と海王星のコンジャンクションが

あれば、具体的な事実とは別に強い不安として

迫って来るでしょう。

このような不安に心が引き裂かれる場合は、根本的な

原因を特定することは難しいかも知れません。

トランジットの影響で具体的な問題として何らかの形で

仮の姿を現した時にそれを通して再生するしか

ないかも知れません。

心の問題をそのまま心の問題として扱うことは

難しいものです。

自分で自分自身の太陽星座を扱える状態ならば

何かを通して自分の心に触れられる方法を

確立するのが一番の早道です。

確立するまでは手間ですが、一度心に触れる方法が

出来てしまえば日常的にケアをすることが出来ます。

心を自力で再生出来ない人は、自分自身の心に

触れる方法が無いことが原因です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!