月星座別、勘を良くする方法

sponsored link

月を整える積極的な価値は、良い運を拾う

アンテナを整えることです。

これは、勘と呼ばれるものですが、感度が

良ければ素晴らしい霊勘にもなり得ます。

月は、ルナティックと言われるような異常な

精神状態に陥る側面がありますが、これが

良い影響を与えれば客観的に判断することでは

理解出来ない幸運を得られます。

このような月の扱い方は日常的ではありませんが、

そこまで月の感度をなかなか上げられるものでは

ありません。

ほどほどのレベルで感度の良さをキープすれば

勘が働く状態の幅をキープ出来ます。

ルナティックな要素は、危険な要素ですが、

ほんの少し混じることで日常はキラキラと

輝きます。

月星座が牡羊座の人

理屈抜きの気心が知れた仲間との交流が勘を高めます。

更なる上のレベルの勘は、また別です。

月星座が牡牛座の人

慌てないこと、決して無理をしないことが

勘を高めます。

月星座が牡牛座の人は、状況が変わって来ると

このやり方は通用しません。

状況が変化した場合は、まず周囲をしっかりと

観察して自分なりに流れを把握することが大切です。

月星座が双子座の人

月星座が双子座の人はやる気が上がった状態で

すぐに動かずに目的に対して徹底的に準備すると

良い感が働いて効率的に動けます。

月星座が蟹座の人

月星座が蟹座の人は、調子が良い時は状況に対して

お愛想が働きますが、大変な状況では本当の勘が

働きます。

月星座が獅子座の人

月星座が獅子座の人は、駄目だ思っても自分の

信じたことを続けることで勘が働き出します。

ひよったらいけません。

自分が本当に納得出来たら方針を変えましょう。

月星座が乙女座の人

月星座が乙女座の人は、ゆとりを失わない状態を

キープすることで勘が働き易くなります。

これは追い込まれた状況に弱いという面を

意味しますが、積極的に余裕を作るという意識が

持てればいくらでも能動的に勘を働かせることが

可能になります。

どのように余裕を作るかは、太陽星座の個性が

反映されるでしょう。

sponsored link

月星座が天秤座の人

月星座が天秤座の人は、無理をしないことで

良い勘を発揮出来ます。

無理をしないと言うと怠け者みたいですが、

努力をしないという意味ではなく自分自身が

持つある種のセンス、感覚と言ったものを

壊さないように注意深くあることが大切です。

月星座が蠍座の人

月星座が蠍座の人は、物事の正しい筋道を選択し、

積極的に突き進むことで勘が冴えます。

言い方を変えれば、どこか間違っていると

感じたまま頑張ってもやること為すこと外します。

月星座が射手座の人

月星座が射手座の人は、多少危なくても(本人には

自覚がないかも知れません)興味があれば飛び込む

ことで勘が働きます。

これは無理無茶をするという意味ではなく

本当の意味で楽しさに迫ろうとする気の力です。

月星座が山羊座の人

月星座が山羊座の人は、責任感が強過ぎるので

適切な目標を設定して取り組むことで良い勘が

働き易くなります。

一生懸命にやり抜こうとするので目標が容易

過ぎても難し過ぎても気持ちは整いません。

月星座が水瓶座の人

月星座が水瓶座の人は、一度まっさらにして

取り組むことで勘が働きます。

状況が混乱したり物事が上手くいかなくなったら

一度リセットすると良い勘が働きます。

しかしこれはやり過ぎると無責任になります。

個人的なことであればリセットしても問題

ありませんが、他の人が関わっている時は

可能ならば自分だけ手を引く手続きを取って

物事が落ち着くまで待つことをお勧めします。

正しさにこだわり過ぎると良い閃きは

得られなくなります。

月星座が魚座の人

月星座が魚座の人は、独特の視野の広さと言うか

物事にこだわらない上に元々の勘が良い

タイプの人です。

更にこの勘を良いものにするためには、あえて

物事の順番を大切にすることです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!