憑りつかれ易いタイプの人が幸せになるコツ(第8ハウス月)

sponsored link

第8ハウスが魚座の場合や月と第8ハウスに

海王星のコンジャンクションがある場合は、

死に対して繊細な感覚を持つ可能性があります。

霊感としてコントロール出来れば良いのですが、

鋭い感受性を受け止め切らなければ、恐怖心に

振り回されてしまいます。

その結果、特殊な恋愛や結婚をする場合があります。

第8ハウスが魚座であったり月と海王星の

コンジャンクションがあること自体は悪いことでは

ありませんが、このようなポイントを通して

蓄積する感情に主体を乗っ取られてしまうと

本来の自分自身ではなくなってしまいます。

このようなタイプの人は、明確な境界線を

壁のように築いて自分を守るよりも本来の

性質に逆らわずに同化する対象や相手をしっかりと

選択することで様々な要素を取り込むと考えた方が

積極的に生きることが出来ます。

恐怖心は人を駄目にしてしまいます。

何かに憑りつかれるのではなく、自ら受胎することで

可能性を宿すという姿勢が幸運を作り出します。

そのためには、絶対に無茶をしないことです。

キャパシティーを少しずつ大きくしていくことが

ポイントになります。

このような性質を持っているタイプの人は、

飲み込まれるか飲み込むかというせめぎ合いを

している人とも言えます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!