月と冥王星のコンジャンクションを使って運を良くする方法

sponsored link

何かと厄介なアスペクトとして理解される

月と冥王星のコンジャンクションですが、

実は良い面もあります。

太陽と月の中間度数(ミッドポイント)は、

生きる意欲が増すポイントとして、どうしたら

モチベーションを上げることが出来るか

理解するのに役立ちます。

太陽と冥王星の中間度数(ミッドポイント)は、

人生を大きく伸ばしたい時のポイントになります。

月と冥王星のコンジャンクションを持っている人は、

太陽と月や冥王星の中間度数(ミッドポイント)が

コンジャンクションなのでかなり近いことになります。

これはどういうことかと言うと人生を良い方向に

底上げしていくときのポイントに統一感がありますから

頑張り出すと成果が出易いのです。

誰もが見られる記事でフォロー出来ない状態で

悪い要素を書くとがっくりされる方がいるかも

知れないので書けませんが、月とのコンジャンクションの

相手によっては使い方を慎重にしないといけない

天体もあります。

sponsored link

どこかの記事で書きましたが、コンジャンクションは

そのアスペクト自体が落差を持っているので向上心が

あれば良い面を生かすことが出来ますし、怠ければ

落差に負けます。

少なくとも月と冥王星のコンジャンクションの場合は、

単純にやる気を出して頑張ればメリットはあるでしょう。

どのようなやる気の出し方をすれば良いのかを

知りたい場合で、一番簡単な方法は、太陽と月の

中間度数(ミッドポイント)と太陽と冥王星の中間度数

(ミッドポイント)のサビアン度数を読んでみて下さい。

月と冥王星のコンジャンクションのオーブの幅の分だけ

それぞれの中間度数(ミッドポイント)に幅が出来ますから

出来れば、そこも全部読むことがお勧めです。

月星座絡みですから感情がグラデーションになっていて

繋がりがあります。

その幅は全てが何らかの意味のある働きがあります。

本来はアスペクトのオーブは無い方が強いのですが、

点ではなく幅を利用することでかなり力強い働きを

得ることが出来ます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!