月星座別、幸運な習慣を加えるコツ

sponsored link

自分に必要な運を作る方法(例、恋愛や結婚)

と言う記事に

「意識的な努力は長続きしないので、ある程度

月星座に馴染ませて自動的にそのようなポイントを

維持出来るようになるまで頑張る必要はありますが、

計算上のポイントを月(星座)の中に覚えさせることは

出来ます。」と言うように月に自分が望んでいる

幸運を覚えさせることについて書きました。

それぞれの月星座によってネイタルのホロスコープに

表面化していない新しい幸運を覚えさすポイントに

付いて書いています。

月星座が牡羊座の人

月星座が牡羊座の人は、必要もない成長を

しようとは思えませんから行き詰った後で

どうしても攻略したい目標、叶えたい願いを

見つけた時に本能が溢れ出た時がチャンスです。

生まれたての本能を手懐けるため何度も

扱っている間に新しい幸運に見合った部分が

無意識(月)に馴染んでいきます。

月星座が牡牛座の人

月星座が牡牛座の人は、新しい習慣に馴染むことに

ついてとても拒否感が強く生まれ持った幸運に沿って

自分自身を深めていきますから、太陽星座が何座であれ

能動的に新しい幸運を習慣化しようとすることは

基本的にはしません。

しかし、生まれ持った資質以外のものに目を向ける

タイミングが全くないわけではなく様々な事情で

不満が高まって爆発するタイミングがあります。

月星座が牡牛座の人にとってそれは望んだことでは

ないでしょうが、新しい幸運を身に付けるチャンスです。

新しい幸運が全身に馴染むまでかなりの時間が

かかりますが、一度取り込みを始めると月星座が

牡牛座の人は、粘り強く新しい資質を吸収していきます。

その完全さという意味では12星座で一番かも知れません。

月星座が双子座の人

月星座が双子座の人は、無意識に気持ちが揺れ易く月を

コントロールするのは難しいでしょう。

理性的には、難しいですが諦めないで自分に加えたい

幸運については普段から気に留めておくことを

お勧めします。

その願いについて無心になって努力出来る時が来れば

自然に身に付きます。

無理に頑張ろうとするとほとんどの場合において

失敗します。

自然にやって来るタイミングが大切です。

これをつかむには、やはり気に留めておくことです。

ノウハウとしては簡単過ぎかも知れませんが、

意識を絞って欲しいものを見続ける行為は

何かに働きかけます。

月星座が双子座の人は、頻繁に積極的になったり

消極的になることを繰り返しますが、願いを維持することで

オンのタイミングで何かが頑張っています。

ある程度プラスの感情が蓄積されれば自然に夢中に

なれる時が来ますから無理に取り組んでネガティブな

面を引き出し続けないことです。

そうなると月星座が双子座の人は幸運の資質を

身に付けるどころかその反対になります。

月星座が蟹座の人

月星座が蟹座の人は、真似るのが上手なので

新しい幸運の習慣を身に付けるには、お手本さえ

あればかなりスムーズにいく傾向があります。

ただお天気屋な性質もあるので新しい幸運の習慣が

無意識に馴染むほどの努力を始めるには、かなりの

決意が必要です。

そして何よりも月星座が蟹座の人は独特の

拒否感がありそこに触れるとヒステリー状態になり

何も受け付けられなくなりますから場合によっては

それを手放さないと無理なこともあります。

真似ることが得意なのにこれが新しい幸運の習慣を

身に付けることが難しくなる理由です。

どの月星座でも無意識を書き替えることは

大変なことです。

月星座が獅子座の人

月星座が獅子座の人は、自分が一番と思える状態を

邪魔する何かを誰かを排除する時に本能に火が付きます。

これは本能ですから善悪はありません。

この気持ちが生々しい時に努力を開始すれば

様々な要素が身につきます。

ただ騒ぐだけで終わればいつものままです。

出来れば気持ちがレアな状態の時に慌てずに

出来るだけ準備をして望むと新しい幸運のための

習慣が更に深く身に付きます。

月星座が乙女座の人

月星座が乙女座の人が新しい幸運を無意識に加えたい

場合は、自分で自分を徹底的に褒めましょう。

不安やエゴを動機にしても月星座が乙女座の人の

レアな部分は開きません。

心の城壁を取り払い批判精神という防衛本能が

解除されて初めて無意識の中に新しい幸運が

育ちます。

一度育ち始めれば細かい点まで気が付けますから

望むところまで幸運の習慣を育てることは

出来るはずです。

sponsored link

月星座が天秤座の人

月星座が天秤座の人は、状況が平和であれば

それほど新しい幸運の習慣を身に付ける必要性を

感じることはありません。

しかし気が付くと自分自身のイメージが損なわれるほど

状況は悪化している場合があります。

このような時に月星座が天秤座の人のレアな部分が

現れます。

放置され続けたことで腐敗が始まった結果、レアな

部分が出て来るというちょっとオカルトな

感じになります。

ただ物事に深くコミットしないタイプなので

それほど深刻ではないはずですが、不快さを嫌う

月星座が天秤座の人にとっては新しい幸運の習慣を

身に付けたいと思う強い動機になります。

このタイミングで徹底的に取り組めば上手くいきます。

月星座が蠍座の人

月星座が蠍座の人が新しい幸運の習慣を身に付けるのは

ある意味で簡単です。

ピンチを迎えたタイミングで気持ちのレアな部分が

剥き出しになりますから、その時に積極的に

頑張れば大丈夫です。

月星座が蠍座の人は、手を抜くことを知りません。

本気になれば限界まで努力しますから最終的には

身に付くはずです。

思い込みもこの場合は良い要素として働きますが、

それでも上手くいかない場合は、頑固さがいつまでも

マイナス感情を手放さないことが原因です。

自分自身に優しくしてみて下さい。

気持ちが前向きになるはずです。

月星座が射手座の人

月星座が射手座の人は、意識的に新しい幸運の習慣を

身に付けようとは思わないでしょう。

やりたいようにやるだけやっている内に少しずつ

周囲や自分が変わっていくことで自然と新しい習慣が

身についていくパターンになりますが、これは狙ってやる

ことではなく本当に結果的なものです。

もし月星座が射手座の人が能動的に取り組むとすれば

自分自身で今までの自分と変わる必要を感じた時だけです。

月星座が山羊座の人

まず月星座が山羊座の人は、無理なことを目標に

掲げないことが大切です。

月星座はその人が安定するために同じことを

繰り返しています。

月星座が山羊座の人は、努力という感覚を持たずに

頑張るところがあるので無茶な目標を持つと

新しい幸運をつかむ前に自分を壊してしまいます。

継続的に努力すれば自然と新しい幸運の習慣は

身に付きますが、その前にそれまでの自分を

壊せば元も子もありません。

得られるものばかりに集中していると失うものを

見逃してしまいます。

少し厳し目に書きましたが、月星座が山羊座の人は

そのままで十分やれるタイプの人です。

無理のない目標を設定しましょう。

月星座が水瓶座の人

月星座が水瓶座の人に新しい幸運の習慣が身に付く

タイミングは誰かをリスペクトし始める時です。

だからと言って自分を幸運度合を上げるために

誰か尊敬出来る人を探そうなんて決して思うことは

ないので、人生の自然な流れ次第です。

誰も尊敬出来なければそのまま自分らしく

生きていくタイプの人です。

オリジナリティを大切にすることが一つの

運命とも言えます。

月星座が魚座の人

月星座が魚座の人は、他の人の影響をとても

受け易いという意味では望めば新しい幸運の習慣も

素早く身に付きそうなのですが、望まない影響も

受けることが多く持って生まれた敏感な性質が

良い方向に生かされるかは、意識的な心の

持ち方次第です。

それは太陽星座の影響が大きく関わります。

幸運の習慣を意識する場合は、理屈よりも

自分の気持ちに合った防御壁のデザインで決まります。

月が表す無意識がクッキーの生地だとすれば

新しい幸運の習慣は、そのクッキーの生地を整形する

型抜きみたいなものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!