新しい希望を見付けたい今年の木星逆行

sponsored link

木星の逆行期間は社会的な目標について

見直すことに適しています。

そのような前提で読んで頂けたら嬉しく思います。

5月14日から木星が山羊座で逆行します。

9月13日に順行になりますから4ヶ月間に

渡ることになります。

逆行の影響は、逆行の少し前から出ます。

木星の逆行はルーティンですが、5月11日の

土星の逆行、5月13日の金星の逆行や

他の天体の状態や影響を考えると単なる

ルーティンとしての逆行よりも意味は

強くなるでしょう。

木星は射手座の支配星ですから物質的な

豊かさよりも精神的な豊かさを重視します。

木星が逆行する期間は、精神的豊かさについて

丁寧に見直すことに向いています。

とは言っても物質的な成功を考えない

という意味ではなくそのような成功が

自分にとってどのような意味があるのか

という面から考えればそうそう切り分けて

考えること自体がナンセンスかも知れません。

木星は、個人天体ではないので自分と対社会的な

繋がりを作っている精神的価値を見直すことが

大切です。

sponsored link

一般的には、組織の価値観と自分自身の価値観と

いったものが浮かび易いですが、現在は

コロナウイルスの影響があるので、政府や地方自治

様々な産業、今後の景気と自分の暮らしの繋がりを

含めて精神的な価値を見直しても良いかも知れません。

もちろん、単純に自分にとっての社会的な価値や

成功についても見直すことは大切です。

希望する生き方や幸福感と今の働き方はマッチ

しているかとか様々な視点があります。

まとめ

基本的に木星の逆行期間は、物事が成熟するには

どうすれば良いのかという視点で取り組むことが

大切で結果重視で成果を刈り取ることばかり

考えて動くと後悔することが多くなります。

それでも木星の逆行はルーティンであり

それまでに十分な準備が出来ている場合は、

それ相応の結果が出ます。

ただ社会的な成功重視の山羊座時代から

未来志向の水瓶座時代へ移るタイミングでの

木星の逆行と考えると精神的な価値を少し多めに

考慮しても良いのではないでしょうか。

手段としての社会的な成功ではなく自分らしく

生きることを社会的な成功と位置付けて

考え直してみると新しい希望が見えてくる

かも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!