自分の月星座を快適にする方法

sponsored link

様々な天体や感受点を使った幸運術を

書いていますが、それらが上手く機能

するためには、常に自分の神経(水星星座)が

行き届く範囲に整え続けることです。

水星星座というキーワードを使う理由は、

それぞれの星座が持つイメージを有効に

活用して欲しいからです。

身の周りを整えるということが、単なる

整理整頓や断捨離になってしまうと

その人に必要な要素と繋がる力まで

削ぎ落してしまいます。

このような価値観で整理整頓を考えると

他人には片付いているのかどうかパッと見で

判断することは出来ません。

その人自身の心や気持ち、頭の中がクリーンな

状態になっているかどうか自分に正直になるしか

ありません。

必要なものや知識が直ぐに取り出せたり

使える状態になっているかどうかは、自分にしか

分からないことです。

これは自分自身をデータベース化するということ

ではなくクリーンな状態に保つために適度に

行われれば良いことです。

運が悪い状態は、必ずどこかが詰まっています。

その結果、その人にとって重要なことを十分に

行えない状態を引き起こします。

その結果、○○欠乏症になります。

○○の中身は人によって異なります。

ホロスコープの支配星の動きを辿っていけば

分かり易いですが、人によってはかなりの

エネルギーが最終的に集まってくるハウスが

あったりします。

そのような流れが目詰まりしても不調になりますし、

ある程度流れが分散しているタイプの人であっても

その一つが詰まると居心地が悪くなります。

このような詰まりは、ある程度当たりが付くような

状態であるならば、必要なものだけを残して

断捨離することでクリーンな状態を作ることが出来ます。

占星術を使った幸運術ですが、イメージを得たら

それに従って行動することで望む環境が出来上がって

いくことは、ホロスコープを利用しない人と同じです。

そして行動すればするほどクリーンになっていくのも

同じです。

行動しなければ現状維持ではなくマイナス感情が

蓄積していきます。

やればやるほど運が悪くなる人は、ホロスコープ全体を

使わずに使い易い一部だけを使っています。

sponsored link

使うハウスや天体によっては、病気になってしまいますし、

使われないハウスや天体は、自分を使って欲しくて

何かと足を引っ張り始めます。

そう言った意味では重要でないハウス(天体や感受点)は

ありません。

小惑星セレスを取り上げましたが、10天体に比べたら

ホロスコープを考える優先順位は低いかも知れませんが、

自動車のネジが1本無かったらどうでしょうか?

直ぐに走行中に分解するようなことは無いでしょうが、

異音に悩まされるかも知れませんし、アクシデントが

発生した時に大変な結果になるかも知れません。

何よりも一つ一つの要素が一定のレベルに保たれていると

それだけで快適です。

この快適さこそが、運の良い状態です。

快適さは月(星座)が感じます。

月に冥王星とアスペクトがある人と月と金星のトラインを

持っている人とは快適な状態はまったく異なります。

一定のレベルと表現しましたが、他人と比較してではなく

自分自身が快適に過ごせるの範囲です。

これを効率良く行う方法は、毎日少しずつ行動することです。

一気にやろうとするとよほど自分自身に熟練していないと

どこかを壊したり傷付けます。

「そんなことあるの?」と思われるかも知れませんが、

たまにやる気を出すとそのようなことになりがちです。

どうすれば良いか考えるよりもほんの少しだけでも

整えていくと次すべきことが自然と浮かんでくるものです。

自分が上手く動かない状態になっている場合は

ホロスコープ全体を見てから当たりを付けて優先順位を

決めてから行動するのもお勧めです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!