心の傷で恋愛がこじれる(キロンと海王星)

sponsored link

例えばキロンと海王星のトラインを持つ人は、

特別にカウンセラーとかをされなくても

人を癒すことが得意だったりします。

訓練されていない場合は、相性の良い人しか

上手く癒せないでしょう。

このような資質が最も目立ってくるのが

恋愛のきっかけになる場合です。

癒す資質がきっかけになることがありますが、

問題はサイン(星座)の組み合わせです。

もちろん普通のトラインで相性が良ければ

何の問題もありませんが、サイン(星座)違いの

トラインを持っている場合は、癒す力を使うような

形で恋愛を始めない方が良いです。

サイン(星座)違いとは、本来ならトラインに

ならない星座の組み合わせでトラインになる場合です。

特にどちらかの天体が28、0度から28,99度の

場合は、こじれ易い傾向があります。

恋愛には必ずピークがありますが、結婚しないので

あれば、その辺りがお互い引き際になります。

sponsored link

ところが情にほだされたり、どちらかがもう少し

付き合いたいと粘ったり、深い関係になっていれば

別れないといけないと思いつつ何となく惰性で

続いたりしてしまいます。

ある程度、交際してみて結婚は無理だと感じれば

綺麗に別れないとお互いがチャンスを逃したり

するだけでなく、それぞれの良い運勢まで

失っていきます。

これはかなりまずいことです。

ですから極端な言い方をすればこのようなタイプの人は

他人の問題に深い入りしないことをお勧めします。

もちろん悪い資質ではないので恋愛のきっかけだけを

癒し癒されること以外のきっかけにすれば大丈夫です。

ものは考えようで立場が変われば資質の生き方も

違ってきますから結婚生活に入ればパートナーの

心の傷が癒されるまでいつまでも取り組んでくれます。

良くも悪くも心の問題に対して向かい合った時に

切り上げるタイミングが分からないのです。

どんなアスペクトでもそうですが、全ては幸運に

繋がる道筋を持っています。

ただ良い面を生かすためには必ず条件があります。

キロンに関するアスペクトは、自分自身の心の傷を

燃やして利用しますからサイン(星座)の組み合わせや

ハウス等もしっかりと考慮しながら判断しないと

かなり変わってきます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!