蟹座の新月で幸運をつかむ準備期間(6月13日から20日)

sponsored link

6月13日に他の記事を書いて下弦の月に

ついて取り上げませんでしたが、現在、

体調不良やPCやサイトにちょっとした

不具合が出ているとかそんな感じはないでしょうか。

新しい出発点(6月21日の蟹座の新月)に向けて

動きが鈍くなっていきます。

これは新しい出発点に向けて調整する期間です。

6月13日の下弦の月は、火星と海王星とも

コンジャンクションでした。

しかも魚座のステリウムです。

海王星は本来の力を発揮しますが、火星は

現実を切り開く本来の役割に対して自信を持ち難く

現実を切り開くよりも普段なら気が付き難いことに

関心が向くような行動と調和します。

しかし魚座のコンジャンクションですから

海王星から新しいエネルギーを受け取り易い

火星とも言えます。

表面だけを見れば、物事を推し進め難い感じが

しますが、目の付け所を変えると大切な何かを

受け取っていてそれが6月21日の蟹座の新月に

繋がっていきます。

ここ3日間くらいどこかしらちょっと調子が

悪く感じられる人は敏感に反応している

可能性があります。

客観的に調子の悪さの原因があれば取り除きますが

そのことによって直感的に気付かされる部分、

湧き出でるイメージは新たな幸運のヒントに

なるものです。

その意味をバタバタせずに少し調べてみて

イメージを広げる火星の使い方がお勧めです。

sponsored link

6月13日の下弦の月は、魚座の22,7度前後

ですから、この下弦の月が自分自身のホロスコープの

どこのハウスにあったのか確認して、そのハウスの

意味を掘り下げると次の蟹座の新月が良いスタートが

切れます。

次の蟹座の新月もかなり重要な新月になりますし、

全てが水瓶座時代へ向かうステップです。

第1ハウスに魚座22,7度が含まれる人であれば

より個性を伸ばすヒントを新月までに受け取ります。

そのヒントを元に新月に新しい願いを書きます。

第11ハウスまでは受け取るメッセージが理解し易いと

思うので第12ハウスについて書くと、これは

潜在的可能性が大きく湧き上がるタイミングです。

潜在意識が攪拌されたような状態になって

マイナスイメージも湧くかも知れませんが、そのような

イメージは幻想のままに捨ておいて新月から具体化に

取り組む時に良いイメージだけを生かせば良いです。

悪いイメージと言っても海王星絡みですから

怖く感じるだけでそこに何らかの真意があります。

ただ人は怖いと強く感じるとほとんどの場合は、

上手くいきません。

思い切ったことが上手く行くときは、他人から

どのように見えても本人自身は恐いと感じていません。

状況が自分なりにしっかりと見えているものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!