幸運を安定させる独自ルールの作り方

sponsored link

どん底に陥る場合は、ホロスコープの偏った

部分だけを使っていることが原因かも知れません。

年齢や環境といった要因で生まれ易い偏りは、

当然ありますが、最低限これを守っていれば

早々悪いことにならないのが土星です。

それどころか着実に安定感が増していきます。

土星は、その人が理屈抜きで守らないといけない

ルールです。

どんなに他のポイントについて上手くこなしていても

土星のルールを破り続けると厳格に罰が下るような

状況になります。

そう言った意味では土星は、冷酷です。

土星は、世代的天体ですからサイン(星座)はもちろん

サインのサビアン度数の内容、ハウスやアスペクト、

支配星としての影響も大切です。

特にアスペクトは、土星単体のアスペクトではなく

ホロスコープ全体を通してどのような役割を担っているか

まで読み取ることで土星が適用してくるルールが

詳細に理解出来ます。

直感的に理解するだけならば、土星のサビアン度数だけで

イメージはつかめます。

しかしそれだと真面目になり過ぎます。

一般的に人は、何か失敗したり悔しい思いをしたりすると

その時だけいつもよりも真面目になろうとする気持ちが

強くなる傾向がありますが、そのような勢いで真面目に

なろうとする気持ちは永久には続かないものです。

それは人格全体に制約をかけてしまって楽しめなくなる

からです。

このような無暗な真面目さではなく、必要な部分を知るために

土星について細かく把握します。

sponsored link

土星のチェックポイント

1、土星のサイン(星座)

ここでどのような姿勢が必要かを大雑把につかみます。

例えば牡羊座であれば、常に調整する態度を忘れたら

運は、悪くなります。

2、土星のサイン(星座)のサビアン度数の内容

同じサイン(星座)でも度数が異なればかなり内容が

変わってきます。

それは幸運のルールが異なることを意味しています。

例えば同じ土星牡羊座の場合でもサビアン度数4度は

これはと思う人にぴったりと引っ付いて様々なことを

学んでいきます。

牡羊座は火のサインですからその相手に心酔している

ような状態です。

純粋に相手の価値観を信じています。

これが同じ牡羊座であってもサビアン度数21度に

なると戦う精神を生かすことになります。

チャレンジ精神を忘れた時点で運は落ちていきます。

常に伸びていく可能性を追い求める必要があります。

自分らしさへの挑戦を怠ることはあり得ません。

3、ハウス

土星のあるハウスを通してどのような場面で

そのルールが適用されるのかが分かります。

どんな時も土星のルールが適用されたら

人は鬱になってしまいます。

4、アスペクト

自分のことであれば1から3までで直感的に

理解出来ます。

アスペクトの理解には2段階あります。

土星を軸にしたアスペクトと、ホロスコープ全体から

見た土星の役割に関するアスペクトです。

自分用であれば、土星を軸にしたアスペクトまで

知っておけな十分かも知れません。

かも知れないと言うのは、ホロスコープによっては

土星がかなり重要な働きをしている場合もあるからです。

4-1、土星を軸にしたアスペクト

例えば土星と月がセクスタイル(60度)といったように

シンプルに把握します。

サイン(星座)によって質は異なりますが、この場合は、

どんな時も落ちついて振る舞うことが大切です。

4-2、ホロスコープ全体から見た土星

この説明をサクッと書くのは難しいですが、土星が

様々な複合アスペクトの中心になっている場合、

若しくは重要な役割を担っている場合ということです。

この役割が何か知っておくとどのような場面で

より厳格に土星ルールが適用されるか理解出来ます。

収入増加についてカイトの利用について

書きましたが、このようなケースで土星が重要な

役割を担っていて土星ルールをないがしろにすれば

チャンスを無駄にします。

一応お断りしておきますが、月・太陽・土星は、

キャラクターの基本セットですからそもそも大切な

天体です。

5、支配星としての土星

何ハウスの支配星としてどこのハウスに土星が

あるのか、土星が何ハウスをコントロールしているのか

ということです。

例えば推理したホロスコープですが、杏さんは、

第12ハウスの支配星(土星)が第11ハウスに

ありますから、深層心理まで及ぶような深い愛情を

求めますからかなり愛に対して深く考えますし

同時に頑張ります。

それは第11ハウス土星が求める寂しいからこそ

愛情が欲しくてたまらない切なさと表裏一体に

なったものですから好い加減に扱えない部分です。

杏さんの歴史好きとも大きく関わる部分です。

まとめ

簡単に知りたい場合は、土星の星座だけでも

構いませんが、一度確認して頭に入っていると

何かの拍子にここは頑張らなければならない

ポイントというのが分かりますから成果に

違いが出ます。

出来るだけ抜ける力は抜いて生活する方が

楽しめるものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!