愛とお金の問題を同時に解決する方法

sponsored link

今よりかなり収入を増やしたい場合の裏技

という記事を書きましたが、このやり方は、

様々な願いを叶える時に応用出来ます。

そもそもこのブログは虐待や何らかの

アクシデント等で生き辛さを抱えている人が

生まれて来て良かったと思えるようになる

機会の一つになれればと願って書いています。

ですからあり余った欲望やエゴを満たすための

幸運術として紹介しているものではありません。

収入を増やす裏技を取り上げたのもお金は

死ぬまで必要だからです。

第8ハウスを通して生まれ直すことを第一目的に

してはいますが、どのような生き方であれ

お金が必要です。

収入に関しては、第2ハウス、第6ハウス、

第10ハウスを活用することは必須ですから

選択の余地はありませんが、オポジションに

なるハウスは選択出来ないこともありません。

オポジションになるハウスは、グランドトラインに

よって高められたエネルギーを実際に注ぎ込む

ハウスになります。

sponsored link

インターセプトされたハウスは別ですが、多くの

日本人のホロスコープは、ハウスがほぼ均等に

分割されていますから(外国、特にヨーロッパの方は

ハウスの割合がバラバラな人が多いです)

第10ハウスとオポジションになれば第4ハウスに

グランドトラインのエネルギーを注ぎ込みます。

第2ハウスとオポジションになれば第8ハウスに

グランドトラインのエネルギーを注ぎ込みます。

第6ハウスとオポジションになれば第12ハウスに

グランドトラインのエネルギーを注ぎ込みます。

何度も書いてきましたが、愛情に関するエネルギーは

第4ハウス、第8ハウス、第12ハウスの流れを

通ります。

これらは基本星座が水の星座による愛情の

グランドトラインです。

第12ハウスは、無意識、深層心理、魂の世界と

言ったような見えない部分です。

自覚し難い感情です。

第4ハウスは、育った家庭環境です。

ここで愛の原型が作られます。

この愛は運命です。

受け入れる以外に生き延びる道はありません。

第8ハウスは結婚生活です。

自分自身が選択した愛を通して生まれ直します。

収入を増やすためのカイトがエネルギーを

送り込む先は、どのハウスであれ愛情に関する

ハウスになります。

本当は、上記のリンク記事を書いたので

仮置きのポイントのイメージを取り出す方法に

ついて書こうと思ったのですが、何故収入を

増やすのかという意味を書かなければ

ただ欲望を満たすような手段になってしまうので

収入に関するグランドトラインがエネルギーを

注ぎ込む先は、全て愛情に関するハウスであることを

書きました。

収入に関するエネルギーが、第4・8・12ハウスの

どのハウスであっても最終的に第8ハウスは活性化します。

このホロスコープの仕組みの中にそれぞれの人の

愛情とお金の秘密があります。

第2・6・10ハウスとセットになるオポジションの

カイトを持っている人は少ないでしょう。

どこかに仮置きのポイントが必要になります。

その存在しない仮置きのポイントを置かねばならない

現実的な理由がその人特有の事情です。

これが秘密部分です。

このような部分に何かしら天体があれば恵まれる機会が

多いでしょうが、それが無いということに意味があります。

この意味を読み取り理解するだけでなく必要な分だけ

穴埋めしていくのが人生です。

誰にでも全てのハウスはありますが、十全に働くことは

ありません。

個性に従っています。

個性は欠落から生まれます。

しかしそれを個性だと言ってそのまま放置しておけば

愛は欠けたままです。

愛はその人らしさを許容しますが、個性を求めている

わけではありません。

愛は、欠けた部分を埋めようとします。

第8ハウスを通してパートナーとその欠けた部分

(仮置きのポイント)を埋めますが、それを行うには

お金が必要になります。

資金があった方が自由度が高くなります。

選択肢が増えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!