第1・5・9ハウスのテーマを豊かにしたい場合

sponsored link

第1ハウス、第5ハウス、第9ハウスを豊かにしたい

場合は、火のサイン(星座)のグランドトラインを

利用します。

この記事では、カイトという複合アスペクトが

エネルギーを注ぎ込むハウスの紹介だけに

とどめています。

この幸運術の理屈は簡単ですが、イマジネーションを

具体的に用いて育てることが難しいです。

イマジネーションの育て方は、完全に

人それぞれです。

このような幸運術を具体的に使用する場合は、

自分が達成したい目的に該当するハウスを

選択するところから始まります。

そして出来れば目的とサビアン度数の内容の

整合性にまで気を配りたいです。

第1・5・9ハウスの利用が目的の場合であれば

3・7・11ハウスに複数の天体があれば

イメージを高める内容の選択肢が増えます。

第1ハウスを豊かにしたい場合

自分らしさや個性といったもの、生命力、元気

自分らしいルックス等を高めたい場合は、

3・7・11ハウスのグランドトラインを

利用します。

この三つのハウスでグランドトラインを

作れない場合は、仮置きのポイントを設置します。

仮置きのポイントとは、架空のサイン(星座)の度数です。

ただし、3・7・11ハウスに一つも自前の天体が

無くて全て仮置きのポイントでグランドトラインを

作ることは無理かも知れません。

実感を持って想像出来ないからです。

仮置きのポイントにリアリティーを持たせるためには

やはり手掛かりはあった方が良いです。

一部のサイン(星座)に天体が集中している人は、

誰かと協力する方が早道ですし、その方が成果が

大きくなります。

3・7・11ハウスのグランドトラインで高めた

エネルギーを第7ハウスからオポジションで

第1ハウスに注ぎ込みます。

それぞれのハウスのポイント作り方は、

グランドトラインを作るサイン(星座)の度数を

サビアン度数を通して理解して具体的な行為に

落とし込みます。

第5ハウスを豊かにしたい場合

第5ハウスは、恋愛、創作、趣味といった分野を

豊かにしたい時に利用します。

3・7・11ハウスのグランドトラインを

利用します。

この三つのハウスでグランドトラインを

作れない場合は、仮置きのポイントを設置します。

仮置きのポイントとは、架空のサイン(星座)の度数です。

ただし、3・7・11ハウスに一つも自前の天体が

無くて全て仮置きのポイントでグランドトラインを

作ることは無理かも知れません。

実感を持って想像出来ないからです。

仮置きのポイントにリアリティーを持たせるためには

やはり手掛かりはあった方が良いです。

一部のサイン(星座)に天体が集中している人は、

誰かと協力する方が早道ですし、その方が成果が

大きくなります。

3・7・11ハウスのグランドトラインで高めた

エネルギーを第11ハウスからオポジションで

第5ハウスに注ぎ込みます。

それぞれのハウスのポイント作り方は、

グランドトラインを作るサイン(星座)の度数を

サビアン度数を通して理解して具体的な行為に

落とし込みます。

第9ハウスを成長させたい場合

第9ハウスは、高度な学問や思想、宗教、

海外にまつわる体験(海外留学等)といった分野を

豊かにしたい時に利用します。

3・7・11ハウスのグランドトラインを

利用します。

この三つのハウスでグランドトラインを

作れない場合は、仮置きのポイントを設置します。

仮置きのポイントとは、架空のサイン(星座)の度数です。

ただし、3・7・11ハウスに一つも自前の天体が

無くて全て仮置きのポイントでグランドトラインを

作ることは無理かも知れません。

実感を持って想像出来ないからです。

仮置きのポイントにリアリティーを持たせるためには

やはり手掛かりはあった方が良いです。

一部のサイン(星座)に天体が集中している人は、

誰かと協力する方が早道ですし、その方が成果が

大きくなります。

3・7・11ハウスのグランドトラインで高めた

エネルギーを第3ハウスからオポジションで

第9ハウスに注ぎ込みます。

それぞれのハウスのポイント作り方は、

グランドトラインを作るサイン(星座)の度数を

サビアン度数を通して理解して具体的な行為に

落とし込みます。

その他のハウス

基本星座が地のハウス

第2ハウス

第2ハウスにエネルギーを注ぎ込みたい場合は、

水の星座のグランドトラインでエネルギーを

高めた後に第8ハウスから向き合います。

第6ハウス

第6ハウスにエネルギーを注ぎ込みたい場合は、

水の星座のグランドトラインでエネルギーを

高めた後に第12ハウスから向き合います。

第10ハウス

第10ハウスにエネルギーを注ぎ込みたい場合は、

水の星座のグランドトラインでエネルギーを

高めた後に第4ハウスから向き合います。

基本星座が風のサイン

第3ハウス

第3ハウスにエネルギーを注ぎ込みたい場合は、

火の星座のグランドトラインでエネルギーを

高めた後に第9ハウスから向き合います。

第7ハウス

第7ハウスにエネルギーを注ぎ込みたい場合は、

火の星座のグランドトラインでエネルギーを

高めた後に第1ハウスから向き合います。

第11ハウス

第11ハウスにエネルギーを注ぎ込みたい場合は、

火の星座のグランドトラインでエネルギーを

高めた後に第5ハウスから向き合います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!