愛を見直すタイミング(蟹座の新月)

sponsored link

夏至から秋分までの三か月間の運勢としても

重要な新月になります。

占星術的なお正月である春分からここまで

頑張ってきた中で蟹座の新月で見直すことは

自分にとっての本当に大切な人、こと、ものです。

現在は蟹座の水星逆行も同時に進行していますから

今回の蟹座の新月は見直しがメインになります。

その結果、どうするかという活動宮らしい動きは

連続する次の蟹座の新月になります。

恋人やパートナーが不運期の女性の頑張り方の実例

という少し暗めの記事を書いたのは、このような

関係もしっかりと見直す時期だからです。

夏至の蟹座の新月から次の蟹座の新月(7月21日)の

前日まで積極的に見直しに取り組むことで

成果を出します。

仮にリンク記事のカップルの女性パートナーが

男性パートナーとの関係の内容を改善したいという

結論を出すにしてもその思考過程は一人で行うことを

お勧めします。

6月21日の蟹座の新月期間では、自分なりに

考えて7月21日の蟹座の新月で男性パートナーと

本格的に具体的な改善を話し合うイメージです。

sponsored link

お互いが現状に対してどのように思っているのか

これからどうしたいのかという希望を確かめたり

するような話し合いは6月21日の蟹座の新月期間

でもありだと思います。

ただしっかりと考えたり自分なりの結論を出すのが

6月21日の蟹座の新月期間の活動ということです。

リンク記事のカップルは、今までと同じやり方を

継続すると二人がやりたいことからどんどん

外れていきます。

形をいくらかえても良いですが、二人が求めることに

対しては近づいていかないと二人の関係自体が

終わってしまいます。

今回の蟹座の新月は、特に女性にとっては自分自身の

土台を見直すタイミングになります。

第6ハウスにも木星や冥王星が入っているので

健康に対しても根本から見直す必要があります。

美と健康はセットですから健康でなければ

そこに美しさを加えても映えません。

そして忘れてはいけないのは、自分のホロスコープの

何ハウスで新月が起こるかということです。

トランジットの蟹座の新月は第12ハウスですから

先ずは自分と向き合うことが開運の第1アクションに

なりますが、自分自身のどの部分を見直すかは

自分のホロスコープを確かめて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!