ボイドタイムの真の意味と手越祐也さんの会見

sponsored link

占星術的な意味でのボイド(ボイドタイム)は、

天体がが次のサイン(星座)に移るまで、他の天体と

アスペクトを作らない時間帯を指します。

月のボイドタイムが有名ですが、大切なことを決定

したり、新しいことを始めない方が良い時間帯

と言われています。

ムーンカレンダーを購入するとボイドタイムが

記入されていますが割と頻繁に起こります。

だいたい2日間で1度くらい起こります。

占星術的なボイドタイムは、簡単に説明すると

こんな感じですが、実際の天文学的なボイドは、

何億光年も銀河が観測されない宇宙の空白部分を

指す言葉です。

宇宙は銀河が集まっているエリアと何もないボイドが

織りなすような形になっています。

そしてこの一見何もないボイド空間が、銀河が集まる

ことで高まる重力を押し返す力になっています。

銀河が集まることによって重力が高まると

全てが引き寄せられていきますからボイドの押し返す

力が働かなければ宇宙は収縮してしまいます。

宇宙の膨張を成長と考えたらどうでしょう?

ここからはこの実際のボイドの働きから考える

占星術的な私の解釈です。

sponsored link

実際の私たち個々のホロスコープが具体化される時に

同じホロスコープでも努力や運次第で具体的な成果の

規模や内容は変わります。

同じホロスコープでもその人が幼児の時と社会人の

時、老人の時では表現されるものや規模は異なります。

ここでは分かり易く単純に人の成長を拡大と考えると

ホロスコープの中で天体や感受点のアスペクトが集中

するとその影響力(重力)に引っ張られてかえって

成長し難くなる場合があります。

手越祐也さんの会見を見られて「何か違うな」と

思った人は多かったと思いますが、それは彼自身が

自分の個性の重力に引っ張られてしまい成長と

反対の方向に向かっているのではないか?という

感じを受けたからではないでしょうか。

ボイドタイムを単なる消極的に過ごした方が良い時間と

捉えるのではなく自分の個性の偏りが成長を阻害

しないように押し返す時間と考えれば月のボイドタイムの

一見多過ぎるように見える頻度の意味が理解出来ると

考えるのですが、どうでしょう?

ホロスコープは実際の天文学と同じではありましたが、

宇宙がメタファーになっている学問です。

この解釈は私独自のものなので定説ではありません。

しかしボイドタイムにこのような意味を持たせることは

あながち間違いではないと思っています。

宇宙のボイド空間には謎のエネルギーが働いていると

言われています。

ボイドタイムに実際に決断、行動せずに個性の偏りを

修正するエネルギーが満ちていると考えると

ある意味不運やトラブルを回避するラッキータイム

なのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!